成長は突然訪れる

多くの中学校で期末試験が始まっている。

塾ではずっと期末試験の対策の授業や勉強会を行っていたので、生徒達の勉強の様子を見る機会が普段よりずっと増える。

中1の子らの勉強の様子を見ていると、学力を伸ばすのに時間がかかりそうだなという子が今年は多い。

勉強中のその子のささいな動きや、対応からそういうことが見えてくるのである。

たとえば、ノートを見ていて、その子の間違いに気づき、「ここ違うよ」と、とんとんと指を差す。

そういうときに消しゴムを持って、その答えをバッと消してしまおうとする。

そういう子がなかなか今年は減らない。

もちろん毎年、「間違いを消しゴムで消してはいけません」と口酸っぱく言うのであるが、例年に比べて、なかなかこれを「撲滅」できないのだ。

ほとんどが男子だ。

間違いを指摘され、なぜ間違ったのかを確認もせず、すぐに消そうとするのは、「間違い」をなかったことにしたいという意識がそうさせている。

こういう癖のある子は、伸ばすのに本当に時間がかかる。

間違いを見つめる習慣がついていないからである。

間違いを見つめる習慣がついていない子は、問題をじっくり読む習慣も、分かろうとじっくり考える習慣もついていないと考えていい。

そして、そういうことを先生に何度も指摘され、注意されているにもかかわらず、なかなか直せないというのは、先生の指導をストンと受け入れる癖がついていないということで、これまた伸びることへの阻害要因となる。

つまりダブルで問題なのである。

学力を伸ばすには勉強時間をしっかり確保することは大切であるが、勉強時間の確保よりも大切なことは実はたくさんある。

いいかげんな「型」を身につけたまま、稽古を増やせば、いいかげんなものが染みついてしまい、修正するのに大変時間がかかる。

焦りは禁物だが、このままにしていたら大変なことになるのは言うまでもない。

いいかげんなことを見逃さず、厳しく指導をし続けなければならない。

実は今の中3も一つ先輩の学年に比べると、かなり問題があったが、彼らは大きく成長した。(未熟なところもまだまだあるが)

成長は突然訪れる。

その時を信じて、粘り強く指導をするのが私達の仕事なのだ。







コメント