子どもの美しさ

 息子が『動物愛護の絵コンクール』というので賞をもらい、その表彰式があるというので、うだアニマルパークというところに行ってきた。

受賞の話を聞いたとき、あんな下手な素朴な絵で果たして賞がもらえるものかとたいそう驚いた。

ははん、これはきっと応募数がかなり少なくて、息子の受賞は苦し紛れのものだろうなんて思っていたら、当日会場で応募総数が5000以上だったと聞いて、再び驚いた。


R3002924.JPG
GR Digital3  素朴な絵と記念写真。


会場へ行って、他の受賞作品を見ていると、素晴らしい作品ばかり。

案の定、息子が一番下手くそだった(笑)



R3002929.JPG


これなんて小1の子の作品。

なかなかの芸術。


R3002935.JPG


これは息子と同い年の子の作品。

レベル違いすぎ。


R3002932.JPG


本の挿絵にしてもそのままいけそう。

馬と少女が見つめあっているのがニクイ。


R3002923.JPG


低学年金賞の作品。

躍動感があるが、おそらくこれは「酒井式」という絵画指導法の下、描かれた絵だと思う。

おそらく上のヤギに餌を上げている少女の絵も「酒井式」もしくはそれを下敷きにした指導を受けて描かれた絵だと思われる。

「酒井式」には好き嫌いがきっとあることだろうが、躍動感のある絵が描けるという点でとてもよいと思う。


R3002930.JPG


この猫の絵は私のこの日一番のお気に入り。

色彩の統一感が凄い。

写真に撮るとき、この色合いを写し取るのにずいぶん気を使った。

ヒゲと口元がしっかりと入念に描かれている。

描いた子は猫の魅力がよく分かっている(笑)




さて、このような力作揃いの中、なぜ息子の拙い絵が、銅賞とはいえ、なぜ受賞することができたのだろうかとずっと考えていた。

何せ、息子が担任の先生に「賞とれるかな」ときいたときに、「こんな絵で絶対無理!」と言われた作品である。

このコンクールは「動物愛護の絵コンクール」であった。

息子は飼い犬と一緒に花火を見ている絵を描いた。

この絵の中で、息子は大好きな犬とこの夏の思い出を分かち合っている。

大切なものを大切な人(犬も)と分かち合いたいと思うのは人の自然な感情である。

犬を大切に思う気持ちを息子はそのように表現した。

受賞理由はこの一点に尽きるだろう。

(そういえば息子は家内が色々アドバイスはしてみたものの、犬と一緒に花火を見ている絵を描くということに関しては頑として譲らなかった。)


子どもの美しさは二通りある。

鍛えられた美しさと素の美しさである。

私のような仕事をしていると、つい鍛えられた美しさの方に目が向きがちになるが、素の美しさを見ることを忘れてはいけない。

表彰式の間そんなことを考えていた。















コメント

かみえす先生、ご無沙汰いたしております。
御子息の絵を真正面から撮られた写真、見たかったです。
私は「花火の細かな描写」に惹かれました。

ところで御子息、表情がもう完全に「青少年」ですね。
私の息子も中1になりましたが、本当に子どもの成長には目を瞠るばかりです。

  • DrNERO
  • 2011/10/01 00:04

私の小学生の時同じコンクールなのかな?動物の絵で賞をとったことがあります。動物園主催の林間学校の最終日に動物の絵を描くという課題があり、その課題が提出されたようです。それにしても、息子さんの絵は動物愛に満ちてますね。技法より気持ち、そして美しかった花火がとてもきれいに描かれています。ダイナミックな絵もいいけれど、癒されます。
パソコンの画面の息子さんをみて「イケメンだ〜」とつぶやいていたら、先生にお世話になったうえむらが「かみえす先生そっくりやん」と言っていました。

  • ながみ
  • 2011/10/01 15:59

NERO先生
ご無沙汰しております。
正面からの写真は下手が目立ちますので避けました(笑)
先生の仰るように息子は花火のところをとても念入りに描いていました。
心動かされたものを時間をかけて描くというのは大人から見ると好ましく解釈してもらえますね。

本当に子供はあっという間に大きくなってしまいます。毎日同じように大きくなってくれればいいのですが、ある日突然ポンっと成長したり、大人になったりする感じがします。それは自分の子供でも他人の子供でも同じだと、父親になって知りました。

  • kamiesu
  • 2011/10/01 20:23

ながみ先生
>パソコンの画面の息子さんをみて「イケメンだ〜」とつぶやいていたら、先生にお世話になったうえむらが「かみえす先生そっくりやん」と言っていました。

確かに息子は時折周りの方から「イケメン」と言っていただくのですが、「お母さんに似ていますね」という声ばかりなので、私は少々複雑な心境でおります。息子はけっこう私に似ていると思うのですが。そう言っていただいて安心いたしました。というわけで、息子=イケメン、息子≒私、∴私≒イケメン、という式が成り立ちますね。

  • kamiesu
  • 2011/10/01 20:29

息子さんの絵には、上江洲先生の写真と同じ”なにか”を感じます。
「技術だけでどうこう」や、「他人から賞賛されるため」ではない、
真っ直ぐな心の内、というような美しい”なにか”です。

ちなみに、私は昔昔から、上江洲先生はイケメンの構成員の一人だと思っておりました(笑)よって、息子さんのお写真を初めて拝見したときも、イケメンぶりに納得でした(笑)

  • ともつん
  • 2011/10/02 17:23

ともつん
この夏、絵を描いている息子と「じゃりん子チエ」に出てくるヒラメちゃんがダブりました、といってもともつんに分かるかどうか(笑)息子は「この絵で賞とれるかな」なんていっていましたが、彼の絵は確かにピュアな感じがしますね。

>ちなみに、私は昔昔から、上江洲先生はイケメンの構成員の一人だと思っておりました(笑)よって、息子さんのお写真を初めて拝見したときも、イケメンぶりに納得でした(笑)

そんなこと言ってくれるのは君だけだよ。おじさん生きるチカラが湧いてきたよ(笑)ありがとう。

  • kamiesu
  • 2011/10/03 17:33