息子の運動会

 例年だとそうでもないのに、この9月は新入塾生がやたらと多くて、なんやかんやとバタバタした。ブログの更新もなかなかできずじまい。

息子の運動会もあったが、自分の住んでいる市に校舎もできたし、ましてや息子と同じ学校の子もSORAに通ってくれているので、毎年アップしていた写真もなかなかアップできない(笑)


DSC_1835.JPG
Nikon D700



とはいうものの、それでもアップしてみる(笑)例年、ダンスに関しては振り付けもあやふやにしか覚えておらず、いいかげんなところもあったが、今年はダンスの曲や振り付けが彼の美学を刺激したのか、ずいぶんと熱心に踊っていた。

ちょいと鉢巻の巻き方を他の男の子と変えてみたり、母親にハッピのアイロンをきかせてパリッとさせてくれとリクエストするなど、彼なりのかっこよさの追求みたいなものがあったようだ。鉢巻はねじりを少なくして結び目の余りを少しサイドに垂らしていた。洒落ているといえば、洒落ているといえなくもなかったが、どうも何かに似ている。途中で気が付いた。「床に臥せっている殿様」みたいだったのだ(笑)

まあともあれ、昨年に比べると、リズム感もよくなっていたし、ダイナミックに体を動かせていたように思う。何より踊っているときの顔が真剣だったのがよかった。

昨年も書いたが、息子の小学校は上級生がいろんな係をして、キビキビと動いているのがとても気持ちいい。先生方の日頃の指導の賜物であろう。普段の指導はこういうイベントのときに必ず出る。普段子供たちに身につけさせたいことは必ず形になって表れるものなのだ。今年も子供たちの動きは素晴らしかった。

また、6年生のバトンパスは中学生のそれよりもずっと素晴らしかったと思う。よほど練習しないと小学生でこのバトンパスはなかなかできないだろう。渡す方は的確に次の走者にパスしようとしているし、パスされる方はいっさいランナーの方を見ていない。完璧である。

ちなみにこの写真、バトンを渡している子が塾生の子で、いい写真を撮っておいてあげようとシャッターを切ったのであるが、できることなら、切り取らずに見ていただきたいくらい躍動感のある写真なのである。受け取る女の子もこの切り取った写真では止まっているように見えるが、この子も走りながらバトンを受け取っている。私はこのシーン、涙が出そうになるほど感動した。先生方のご指導に深く敬意を表したい。


DSC_2148.JPG


全体的に素晴らしかった運動会だったが、ひとつ気になったのは「ラジオ体操」である。運動会の最初のプログラムといえば、「ラジオ体操」だが、第二の運動のとき、子供達は全員ベタ足のままで腕を振っていた。第二の運動のとき、かかとを地面につけてよいのは「イチ・ニ・サン・シ」のニとサンの一瞬だけである。後はずっとかかとは上げていないといけない。文句を言うつもりではないのだが、かかとが上がってないので躍動感がなく、係の動きやダンス、バトンパスに比べると見劣りがしたのがちょっと残念だったということ。(こんなところを見ているのは私だけだろうけれど。)

細部を徹底的に指導すると、全体がよくなる。「基本」を大切にし、こういう細部にこだわることは子供を伸ばす上で大切なことだ。世の多くの運動会が「ラジオ体操」から始まるのはきっと意味のあることにちがいない。限られた時間の中で、あれだけのことができているのだから、ぜいたくなリクエストではあろうが、来年は見事なラジオ体操を見せてもらいたいと心密かに願っている。










コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL