日常あれこれ

 最近はブログの更新が減っていて、書くときには教育のことを書かないといけないような気がしてしまうという変なプレッシャーで、テキトーで気の抜けたことを書きにくくなっていたのであるが、そんなことを考えていたらいつまで経っても軽いことが書けないので、今日はテキトーで軽いことを書く。(長い一文。悪文の典型。)



その1 カメラネタ

デジタルの写真はクッキリカッチリしたのが好みで、シャープネスを上げ気味で撮影していたのであるが、先日、35mmのレンズが欲しくなり、ニコンの古いのを買ってみたら、これが何ともいい。


DSC_3875.JPG
Nikon D700 Ai AF Nikkor 35mm f/2D


DSC_3876.JPG
Nikon D700 Ai AF Nikkor 35mm f/2D


ほわっと柔らかで温かい写真が撮れる。写真の四隅が少し暗くなるのは「周辺光量落ち」といって、レンズの性能が低いとこれが起きるのだが、それがまた味がある。フィルムの写真みたいで気に入っている。




その2 コメダ珈琲

塾の近くに「コメダ珈琲」ができた。私はコメダ珈琲が好きなのだが、何で家や塾の近くに「コメダ珈琲」が無いんだろうと常々思っていたら、橿原の、塾からそう遠くないところにできて、とても喜んでいる。



DSC_3894.JPG
Nikon D700 Ai AF Nikkor 35mm f/2D



DSC_3891.JPG
Nikon D700 Ai AF Nikkor 35mm f/2D



とはいうものの、まだ一度も行けていない(笑)だからこれは別の店舗に行ったときのもの。

「コメダ珈琲」は今大人気だそうだが、確かに喫茶店というものが減ってきた現在、昔ながらの喫茶店を現代にリニューアルし、ある意味、喫茶店というものをファミレス化した「コメダ珈琲」は、スターバックス系のカフェのアンチテーゼとして流行るのもよくわかる。(なぜ今日は一文がこうも長いのか)私も個人的にはコメダ珈琲の方がスターバックスの10倍落ち着く。



その3 珈琲には塩気のあるものが合う

昔は珈琲があまり好きではなかったのだが、いつのまにやら結構珈琲好きになっていて、よく飲むようになった。コメダ珈琲では上の写真のように、袋に入った、薄い衣のついたピーナッツがついてくる。これが珈琲によく合うので、ピーナッツというのは珈琲に合うものなのだなと思っていた。

ところが先日、「我留慕」で珈琲とホットドッグを注文したら、ホットドッグにポテトチップスがついていて、これがまた珈琲に合うのを発見。要は塩気のある乾き物は珈琲に合うということなのだ。(珈琲好き初心者の発見)



DSC_3882.JPG
Nikon D700 Ai AF Nikkor 35mm f/2D (写真が下手になってしまってもう…)


ずっと昔にブログで書いたが、「我留慕」は新ノ口駅の近くにある喫茶店で、とても美味しい珈琲が飲める。食べるものもとても美味しくて、大変人気のお店だ。喫茶店に入る文化が先細ってきたところへ、ファストフードやスターバックス系のカフェの台頭、くわえて「コメダ珈琲」のような「喫茶店の大衆化」を図ったようなお店が出てきて、喫茶店というのはとても経営が難しくなっているにちがいない。そんな中でも、様々なことに気を配り、工夫をし、よいものを提供しようと懸命に頑張っているお店には必ずファンがいて、しっかり繁盛しているものだ。(ご苦労はきっとあるだろうけれど)そういうのを見ると嬉しくなってくる。

小さな店には小さな店の戦い方というものがあるのだ。私もまた小さい「店」を出し、スタッフ一同で日々頑張っているつもりなので、そのことはよく分かる。いつも美味しい我留慕の珈琲を楽しみながら、そんなことを思った。(我留慕の珈琲はとてもストロングで、そうそうその辺りの店では飲めないんだよなあ)



コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL