赤虎先生の塾を訪問 その1 〜飛び込み授業「日比谷高校英語解説」〜

10月13、14日の連休を利用して赤虎先生の塾を訪問させていただいた。

赤虎先生は私よりずいぶんお若いが、日々、ツイッターやブログを拝読させていただいて感じる、その知識の量や、仕事への情熱、造詣の深さ、言葉の鋭さには圧倒されるばかりで、日本でも有数の力量をお持ちの塾講師だと心から尊敬している。かねてより赤虎先生の塾をぜひ拝見させていただきたいと思っており、スケジュールの調整もつけられそうだったので、赤虎先生にお電話で見学のお願いをした。先生は快諾くださり、おまけに先生の生徒さんに授業までさせていただけることになった。

授業に関しては赤虎先生の方から依頼されたのであるが、人の塾を見学させていただいて、授業をしてほしいという依頼を受けたならば、断ったりしてはいけない。もちろん「やります」と即答した。(ちょっとやりたいという思いもあった。自分で授業をした方が赤虎先生の生徒のことがよくわかるからだ。)

先生から、どのような授業をされますか、と尋ねられたとき、私は何も考えず、「日比谷高校の自校作成の問題でもやりましょうか」なんて軽く言ってしまった。(よい問題だとは聞いていたし、想像もついてはいたが)日比谷高校の問題なんて見たこともないくせに言っちゃったのである。数日後、授業の準備をしようと、日比谷高校のHPで問題を確認して吃驚仰天。なんと素晴らしい!そして、なんと大変な問題であろうか。考えもせず、日比谷高校の問題を、と言った自分に眩暈を覚えた。しかし、これだけの問題の解説を飛び込み授業でやれる、しかも赤虎先生の前でできるという機会など、めったにあるわけではない。気合が入ろうというものだ。

人間は生まれたその時から「死」に向かって進行している。肉体的にもそうだし、肉体がそうであるならば、精神もまたしかりである。人の精神は日々死に向かっている。だからこそ外部から刺激を受け、肉体がそうであるように、精神もまた、生き続けるための努力をしなければならない。肉体が栄養を補給するために飯を食らうように、精神もまたガツガツと日々何かを食らい続けなければならない。毎日、新しい自分への挑戦をし続けながら、精神の死を防がなければならない。つまりは、この赤虎先生の塾を見学すること、そして飛び込み授業を行うことは自分にとって、精神の特別料理、新しい自分への挑戦=精神が生き続けるための努力、なのである(えらく大層)

ちなみに私はこの日比谷高校の問題、このH25年度の問題きりしか見ていない。他年度の問題も、他の自校作成の問題も一切見ていない。様々な情報を集めることの大切さは分かっているつもりであるが、私は、このH25年度の問題に向き合い、それだけを分析して解説することにした。そして赤虎先生にもその旨申し上げた。たった一年分の入試から私が何を捉え、授業ができるか。そういう勝負を、あの都立自校作成問題に徹底的に取り組んでこられた赤虎先生の前で、しかも先生の生徒相手にするのである。

平成25年度日比谷高校自校作成問題は本当に素晴しい。(日比谷高校のHPから見ることができる)読み進めながら、解きながら、よくぞここまでと驚き、作成された先生に敬意を払わずにはいられない問題であった。共通問題を除く2番以降を40分で解かなければならないというその量の多さに圧倒されるが、そこに気をとられて、この問題の中にある大切なことを見逃してはいけない。ここを逃してしまっている塾の先生はきっと多いにちがいない。「それ」は分かる人にしか分からぬよう潜ませてある。さっと目を通し、一回解いただけでは、私も最初は「それ」に気づかなかった。しかしながら、きちんと解答を作成しようとすると、そこに気づかないと答えが作れないのである。

その証拠に、というわけではないが、日比谷高校の英語の問題は、自身で英文作成を必要とする「半」自由作文形式の問題がやたらと多いのだが、これらが軒並み「省略」となっているだから模範解答は「省略」だらけなのだ。出版社が出す過去問集には解答例が載っているかもしれないが、日比谷高校オフィシャルでは「省略」なのである。これには大きな意味がある(と私は睨んでいる。)この「省略」は思想なのである。日比谷高校が採りたい生徒を採るためには、模範解答例は出すわけにはいかないだろう。私がこの問題を仮に作ったとして、私なら絶対に模範解答例は出さない。そんなことをしたら台無しになってしまう。この入試、試されているのは生徒ではない。生徒達を教えている先生なのである
 
東京へ行く準備の段階から、もうえらいこと学びが始まってしまったのだった。

(つづく)





image
  iPhone    行きの新幹線から撮った富士山。こんなに綺麗な富士山を見たのは初めて。

 

 
 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL