赤虎先生の塾を訪問 その2 〜飛び込み授業「日比谷高校英語解説」〜

10年以上ぶりの東京。
 
新幹線や電車やバスを乗り継いで赤虎先生の塾へたどり着く。(たどり着く前に三鷹の駅でそばを食った。駅のソバ屋は東京の方が美味い。ソバのつゆは東京式の黒くて濃い方が美味い)赤虎先生は、外見はドクターコトーの吉岡秀隆みたいな感じ。話し方もやはりドクターコトーがシャキッとした感じ。(声自体もそんな感じ。)ブログのイメージでは赤虎先生のイメージは厳しくて細やか。そしてユーモラス、そこへ毒気のフレーバーが少し、というところ。それがその通りかどうかを確かめたいと思った。
 
塾へ伺って先生とお話をしているときに、机の上に貼ってあったメモに気がついた。

                 返却   戻し
9/30 山田(仮名) ソク単CD  □    □

おおお、素晴しい。「返却」で☑チェックを入れるところまでなら分かる。なんと、ご自身が元ある場所にCDを戻したかどうかのチェック欄まで入っているのだ。私の周りにはこんな人はいなかった。これだけで赤虎先生がいかに細やかな方であるかということがわかる。塾の中をあちらこちらシゲシゲと観察させていただいたが、どこもかしこも先生の細やかさが垣間見える。こういうところは私はからきし駄目なものだから余計に素晴しく見える(笑)

先生はしきりにウチの塾は狭くて…と仰る。たしかに先生の塾は広くない。しかし一人の先生がやっている塾というのはこれくらいの方がよいのではないかと思った。たしかにスペースというのはあった方がよいに越したことはないのだろうが、隅々まで先生の思いが込められた空間を見ていると、それこそがよいのだと全てを肯定してしまいたくなる。

さて、私の授業は午後3:30からで、それまでは赤虎先生、そして、私の授業を見に来て下さった細川先生と三人で様々なことを話した。話の中には日比谷や国立の話も出てきて、やはり東京の塾にとって、日比谷を始めとする自校作成問題入試を行う学校の対策、そしてその合否はとても大切なことのようである。様々な塾が研究に研究を尽くした日比谷の問題を一発勝負で解説をするのである。緊張とワクワク感が同時に走る。

やがて生徒達が来始める。皆いい声で挨拶をする。初めて見る顔の私にもその挨拶は向けられる。挨拶というのはすればよいというものでもない。相手の顔を見て、できれば笑顔でするのがいい。先生の塾の生徒達は皆そういう挨拶をしてくれた。おまけに皆賢そう(笑)こういう子達相手に授業をして失敗ってことはないな、と少し安心をした。

つづく

 
コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL