2018.02.12につぶやいたこと

11:55
RT @gen__uine: 生真面目な生徒ほど問題解説以外の話を「雑談」としてとらえ聴取レベルを無意識に低下させる。教師の力量の1つは設問解説以外の部分をどれだけ興味深くまた有益なものにできるかにもあるのだが、親の心子知らず的に集中のインターバルにしてしまうことが少なくない。
12:01
私の学び方の基本は「一つのことを徹底的にやる」。ある単元を身につけたかったら文法書の解説を一読→問題集をやってみる→間違えたところの解説を読む、文法書で調べる→問題集やり直し→他の問題集もやってみる→大切なところ、身についていないかもと思ったところをノートにまとめる。こんな感じ。
16:55
昨日、柔道部のOB会の二次会で入ったお好み焼き屋で高校の先輩に再会。34年ぶり。近々また会うことに。嬉しかった。
18:25
分かりやすい優しさや熱意、あるいは面倒見の良さといったものにしか気づけない生徒は、分かりやすいものしか認識できないのだから、どうしたって浅い学びや気づきしか得られない。
23:24
国公立の二次試験、ここからがものすごく辛いところ。何をやっても届かないような気がしてくる。でもそれはそうじゃないのにどうしてもそんな気がぐわっと膨らんでしまう。辛いけど、大変だけど、「伸びる それだけを 考え給え」。頑張れ。
23:33
自立心や独立心を育てるため、「人に頼るな」「自分でなんとかしろ」と子供には言いがちだけれど、頼り合いながら、支え合いながら生きていくことの大切さもまた教えておいてあげたい。強くあろうとはするのは大切だけれど人はそんなに強くない。
23:47
私の塾では勉強の内容その他を自分自身でかなりの部分考えさせているのでこの時期は色々考え込んでしまうだろうと思う。「これだけやったら合格できるぞ!」と生徒達に与えまくり、思考停止させると、伸びるかどうか合格するかどうかは別として楽は楽。