2018.04.17につぶやいたこと

09:45
今年から児童養護施設で勉強を教えるなどの活動を少しずつ行いたいと思っていて、そういう施設の外部理事みたいなことをやってる「あすなろ」のママに色々話を聞いた。ママは中学時代の同級生。こちらの押しつけや思い込みで有難迷惑になってもいけない。きちんと良い形で力になれるようにと思い...
09:49
そしたらママはこう言うのである。「あのなカミエス、それはなんて言うのかな、経営者の考え方やな。ていうか塾の先生の考え方?最初から一番効果が上げられる方法探そうとするやろ。でもな、何がベストとかそんなん誰にも分からへんし、無いねん。」なるほどと思った。いつも思うがママは凄い。
09:57
私は塾の先生として、塾の経営者としては割合に自由に物を考え、それなりに独創的に仕事をしてきたつもりではある。思い上がっていたわけでは無いが、それでも「最善解」みたいなものを探そうとする癖や「失敗をできるだけ避け、効果的な方法を目指す」癖もついていたようだ。
10:04
いや、そんなの塾の先生なら当たり前で、そうでない塾の先生なんて困ると言われればたしかにそうであるのだが(それでも私はどちらかというと「非効率」の大切さを分かってる方)、いきなり「最善解」や「正しいこと」や、「効率」を求めることが間違いな世界だってあるのだ。ママの言葉にハッとした。
10:11
言い訳をさせてもらえば、私は児童養護施設のことを知らない。知らないが故にできるだけ事前に色々知っておきたいと思った。でもそれならばとにかく飛び込んで、ゆっくりゆっくりまずは子供達の事を知ろうとすればよかったのだ。そのような在り方でいるべきなのだ。
10:17
ママ自身もその施設の出身者である。最近国が主軸を養護施設から「里親制度」に移そうとしている感じもあって、ママは言うのだ。「施設の何が悪いのよ。私胸張って施設で育ったって思ってんのに。施設が駄目で里親正しいはおかしいわ。あんまり報道されへんけど里親にもいっぱい問題あるのに。」
10:35
ママはいつも「私アホやからさあ」と笑い飛ばすが、時に真理をついた言葉を突き刺してくるので油断ができない(笑)そしてよくもまあここまで他人のために頑張るもんだといつも驚く。この尊敬すべき同級生に恥ずかしくない仕事をしないといけないといつも思う。
11:11
お前そんなに忙しいのにボランティアなんていつできるねんと各方面からツッコミが入りそうだが、それを言っちゃうと「一生できません」。できなくともせめて「構え」の姿勢でいなくては。
11:20
今年はもう一つ、YouTuberにもなりたいと思っている。sora_channelというのでも作って撮影、録音、編集の力をつけ、番組を作りたい。英語の解説もあれば、バイクや楽器のインプレ、炒飯なを作っているところなんていうのもやりたい。桜井の隠れ家をスタジオにしないといけない。
13:14
YouTubeの撮影場所として高校部の和室、カフェは絵になるし、小さい方の自習室は元々かわい先生の数学の映像授業用の撮影用に大きめの黒板を入れてある。職員室のソファも絵になる。いくらでも良い場所がある。後、女性スタッフにアシスタントしてもらおう。
13:25
かわい先生の数学の講座から私が炒飯動画まで色々入っているsora_channel(笑)塾長も授業しろよと言われたい。面白いからやる。面白い人がいたらカメラ持って行って話を聞いて番組を作る。そんなのもいい。「あすなろ」のママなんて一… https://t.co/OtfS8qCWj7
13:36
福田事務次官のセクハラ疑惑問題。あの編集された音声データでは、ホステス嬢相手の会話を使って事務次官を陥れるために作成されたという可能性が残ってしまう。事務次官の肩を持つわけではないが、あの編集された音声データは追求する材料としては弱いし決めつけはできない。残念ながら。
13:39
あと、ワイドショーで大谷昭宏が「事務次官に呼び出されたら深夜であろうと明け方であろうと番記者なら行く。当たり前。」と言っていたが、そんな労務管理をしているマスコミ。しかも女性に。マスコミは糾弾されるべき。超ウルトラ弩級ブラック労働環境。
17:11
4階の自習室の階段を上り、5階の教室へ上って生徒達が目にする光景。 https://t.co/15x7HyOQEy