<< 2018.04.17につぶやいたこと | main | 2018.04.20につぶやいたこと >>
2018.04.20 Friday

2018.04.19につぶやいたこと

05:22
新高校部に高校生が移ったので離れや三階の部屋から高校生がいなくなった。昨日ほのかが三階で仕事をしているのを覗いたら生徒のいない三階のあらゆるものが寂しく見えて、寂しく見えて。困った。ほのかが高2の時に作った部屋。あれから5年。5年か。
05:39
茶碗や皿の一枚一枚も買ってきたり、ご父兄の方に頂いたりして揃えていった。最初の頃はまあしょっちゅう何か作って食わせていたような気がする。要はそうしたかったんだと思う。布団も全部で何セットあるやら。これなんて見るからに朝ごはん。 https://t.co/lflbP5krj5
05:45
あの頃から「その繋いだ手を離せ」と言っていた。大学受験は高校受験と違って倍率が高く、そもそもが「落ちる試験」。人と同じことをしていたら受からない。繋いだ手を離してズンズン進んでいく気概がないと受からない。それを伝えたくて「仲良し集団」の学校の環境から「隔離」したかったのだろう。
05:57
彼らの多くは手を繋いで横一列に歩いている。自分が少し遅れて後ろに下がると慌てて横一列まで追いつこうとする。しかし自分が少し前へ出ているときでも横一列を崩さないように皆に合わせて歩みを調整して後ろへ下がってしまうようなところがある。そして全体の歩みはもちろん遅い。
06:04
ほのか達もまあ甘かった。彼ら彼女らの甘さというかその緩さに高2で再び預かったときにびっくりしたが、それは彼らのせいというより、彼らのいた学校の環境がそのまま映し出されていたのだろう。
06:11
誕生日には100均のコルクボードに写真やメッセージをいっぱい貼って贈りあい、部活のカバンにはマネージャーの作ったお守りがいくつもつけられ、皆で遊びに行った時には景色のいい場所で一斉にジャンプして写真を撮る。そういうテンプレのようなヌルい彼らの「青春学園ごっこ」を薄く嫌悪していた。
06:17
通過儀礼といえばそうなのかもしれないが、そういうテンプレの青春に浸かりきって皆と同じ行動を取っていては大学に合格できない。少なくともどこかでモードの違う「ガチ受験生」を起動させておかなければいけない。そのために学校とは別の「ガチ受験生」になる「場」を与えたかった。
06:49
そのためには彼らの勉強する場所はただ単に勉強する場所ではなく、特別な場所でないといけなかった。彼らの中に何歩も深く入り込んで彼らの価値観を揺さぶらなければならなかった。そう思っていた。
06:52
そういうのは今の子にはウザいだろうし、私の方だっていつもいつも上手いバランスで言えるわけでもない。入れ込めば入れ込むほどそうなってしまう。きっと嫌われたことだろう。まあそれでも彼らはついてきてくれた(と思う)。
06:55
そういう始まりの場だった三階がガランとして寂しそうに見えるともういけない。こっちが凄く寂しい気分になってしまった。部屋にほのかがいてくれたのが幸いである。
07:12
でもまあ新しい高校部へ行けば元気になれる。何というかあそこは気がいいというのか、仕事も捗るし、やる気が出てくる。何よりあの「始まり」がここへ繋がっているのだ。
10:13
昨日、自分のスクーターを出そうと高校部の駐輪場へ行ったら雑然と自転車が停められていた。あれでは後から来た人が出しにくい。ああいうことを出鱈目にするのは駄目。今日きちんと停めるよう指示を出さないといけない。
10:17
新校舎を出して4週間目。上手くいってないところや不具合を見つけては修正する。最初に頭の中で考えたものがパーフェクトということはない。ルール化やルーティンの仕事の追加が必要ならばどんどんやっていってより良いものにしていく。
10:23
塾を運営していくというとは分かりやすく教えるということも大切だが、塾での生活が快適にいくようルールを整備し、秩序がある状態を作ることが大切。
10:35
そのようなルールと秩序があり、勉強をするというムードのある場づくりができれば、ガミガミ言わなくても生徒は勉強する。そこへ持っていくために、全体に、また個人に働きかけていく。「小さないいかげん」を見つけては短く注意する。生徒全員がいきなり場を読んできちんとするということはない。
11:00
生徒に常に穏やかに優しく余裕を持って接することができている先生の大部分というのは自分の生徒に対して諦観が底にあるのではないか。もしくはその人の中で重要な事では無いか、或いは自分のことの方が可愛いか。
11:23
RT @syoueizyuku: 以前にも書いたが、高校受験は「学力による振り分け」なのに対して、大学受験は「学力による選抜」。全入が原則の高校受験とは、質も量も、そしてレベルも全く違うもの。今年はそれが極端に出たが、本質的には変わらない。周りと同じことして、納得した結果を得よ…
13:34
RT @ladbible: A loyal customer... https://t.co/s45LSoJ94U
14:51
かわい先生とお昼ごはんを一緒に食べた。ハナヤマZで。私が食べたのはハナヤマブラック。かわい先生も喜んでくださった。 https://t.co/WLzCZc6oYW
18:49
RT @bambi_no_3: 芸術家フィル・ハンセンの『手が震える神経障害にかかり、一度は芸術を離れるも悩んだ挙げ句に震えを受け入れ、グニャグニャの線で絵を描くことにした。その時、制約があることで創造力が高まることに気づいた。限界は創造性の源である。』って話が胸に刺さりすぎる…
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Twitter
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
難関私大・文系をめざせ!  偏差値どん底からの「早慶・GMARCH・関関同立」突破大作戦
難関私大・文系をめざせ! 偏差値どん底からの「早慶・GMARCH・関関同立」突破大作戦 (JUGEMレビュー »)
笠見未央
こってりと濃密に勉強法が綴られています。本気で生徒達と格闘した指導者でなければ出せない濃密さです。
Recommend
Nikon デジタル一眼レフカメラ D800
Nikon デジタル一眼レフカメラ D800 (JUGEMレビュー »)

3600万画素が生み出す超高画質。ホワイトバランスの進化などD700から大きく進化しています。連写は速くありませんが、画質を優先したということでしょう。素晴らしいカメラ。
Recommend
シグマ デジタルカメラ DP2x 1406万画素 APS-Cサイズ CMOSセンサー 41mm F2.8相当(35mm換算) RAW撮影可能 Foveonセンサー搭載
シグマ デジタルカメラ DP2x 1406万画素 APS-Cサイズ CMOSセンサー 41mm F2.8相当(35mm換算) RAW撮影可能 Foveonセンサー搭載 (JUGEMレビュー »)

見た目はぱっとしないコンデジですが、その描写力はちょっとした高級デジタル一眼よりもずっと上です。扱いが少し難しいですが、きっちり取れれば、まるで3Dのような映像になります。初心者向けではないと言われるカメラですが、こういうカメラこそ、これから写真を趣味にしたいという人が買うのがよいのではないでしょうか。使いこなす楽しみがあります。
Recommend
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM  ニコン用 50mm F1.4 EX DG HSM NA
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM ニコン用 50mm F1.4 EX DG HSM NA (JUGEMレビュー »)

この描写がこの値段で買えていいの?というくらい抜群の描写力です。D800につけっぱなしです。
Recommend
RICOH GXR カメラユニットGR LENS GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
RICOH GXR カメラユニットGR LENS GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO (JUGEMレビュー »)

カメラ・レンズに関しては最近やりたい放題になっています。
Recommend
明日に架ける橋
明日に架ける橋 (JUGEMレビュー »)
サイモン&ガーファンクル
永遠の名盤。当時グラミー賞を総なめにしました。
Recommend
グレイスランド(紙ジャケット仕様)
グレイスランド(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ポール・サイモン
初めてこのレコードに針を落としたとき、良い悪いの判断がつきませんでした。面くらいました。
Recommend
サプライズ
サプライズ (JUGEMレビュー »)
ポール・サイモン
齢60を越えてこんなアルバムを作りますか・・・凄い。
Recommend
ポール・サイモン・ソングブック(紙ジャケット仕様)
ポール・サイモン・ソングブック(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ポール・サイモン
アコースティックギターを弾く人は是非聴いてください。
Recommend
A Magic Wand of“Standards”
A Magic Wand of“Standards” (JUGEMレビュー »)
GONTITI
最近のお気に入り。
Recommend
講話録 真理は現実のただ中にあり
講話録 真理は現実のただ中にあり (JUGEMレビュー »)
森 信三
私は「新しいもの」をあまり信じていません。長い歴史を生き残ってきた考え方や技術の方をより信頼しています。
Recommend
毎日かあさん4 出戻り編
毎日かあさん4 出戻り編 (JUGEMレビュー »)
西原理恵子
これは「教育書」です。子育てに悩んだ若いお母さんは是非ご一読を。
Recommend
幼児教育と脳 (文春新書)
幼児教育と脳 (文春新書) (JUGEMレビュー »)
澤口 俊之
脳の働きを勉強しておくと、指導に幅が生まれることは間違いありません。子育てにも役に立っています。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM