<< 2018.04.22につぶやいたこと | main | 2018.04.24につぶやいたこと >>
2018.04.24 Tuesday

2018.04.23につぶやいたこと

04:09
かわい先生は週に一度の頻度で生徒の数学のノートを集めてチェックして返している。宿題、課題ができたかどうかのチェックではなく、純粋に数学の力の確認をするためのチェックのようだ。いや本来はそうあるべきだと思うがこれはなかなかできそうでできない。
05:31
ブログやTwitterで集客や差別化を狙ってもそうそう上手くはいかない。そういう意図で書くのはやめといた方がいい。塾は立地で8割決まる。身もふたもないが集客したいなら立地する場所を徹底的に吟味した方がいい。差別化もブログやTwit… https://t.co/frgVkCADac
05:34
12年以上塾の先生が書くブログなんかを読んできたが、集客や差別化を狙ったブログやTwitterはたいていつまらない。余程の力量がない限りつまんないものしか書けないものなのだ。
05:39
どうせ書くなら、自分が楽しいから書く、読んでる人に面白いと思ってもらえるものを書こうとすることである。ブログやTwitterを砕けた実践記録やレポートのつもりで塾の授業や日常を切り取って書く。それなら読んでもらえるものに少しは近づいていくと思う。
05:50
それでも集客したいとか差別化を図りたいというなら一旦それを頭の中から消して「面白いブログが書きたい!」ということ一点で考えるべき。では面白いブログをどうしたらよいか。面白いものというのは面白い視点を持っているか、面白い実践に基づいたものか、読ませる文章力があるかの三点である。
05:55
「勉強ができない子は集中力がない」こんなこと誰でも分かってるし、言ってもしょうがないし、何よりつまらない。それなら「集中力の無い子にこうやってみたら集中してくれた!」みたいなことを書いた方が面白いし、できない子を何とかしようとする先生なんだなと読む人に思わせる。
06:07
「今日も朝から自習室はやる気に満ちた生徒でいっぱいです」こういうのもつまんない。「今日最初の生徒が自習に来たのがAM8:42。そこから22分の間に一つ目の部屋が埋まりました。」くらいは工夫した方がいい。いや別に何を書いてもいいが、読ませる何かにしたいならそれくらいは、という話。
06:11
アクセス数を狙うなら、自分の都道府県の入試情報をマメに書けばいい。たとえば私のブログで一番アクセスが多いのは「奈良高校、畝傍高校どちらにするか」という記事である。もう10年くらい前に書いたブログであるが未だにガンガンアクセスがある。そういうのを定期的に書けば定期巡回してもらえる。
06:18
ただアクセスが多いのと集客、差別化を図るというのはまた別の問題と考えた方がいい。一般の人にとって塾のブログのアクセスが多いというのはさほどの関心事ではないから。最近はTwitterのフォロワーが多い方が「へーすごいね」と思われるくらいではないか。
06:27
たしかに塾の先生はブログやTwitterを書いた方がいい。綺麗事でも書いているうちに、自己に内在した理想の先生や塾に近づこうとする意識が働きやすいからである。ただ集客や差別化だけを目的にするとその時点で自己との乖離が起こり「ブログ… https://t.co/wz7yMTeUJ8
08:24
あとブログやTwitterは自分自身を売る、自分自身を見せるツールという捉え方もできる。自分自身の思うことを思うままに書けば自分自身が示せるかというとそうではない。バランスよく自分自身を示さないといけない。
08:29
教務のこと◯割、生徒とのエピソード◯割、教育に関する自身の信条◯割、プライベートのこと◯割、といったようにおおよそ決めといた方がまとまるかも。私はそんなこと決めてないけれどいつのまにか自然にどこかで意識するようになってるかもしれない。
08:45
薄汚い言葉を積み重ねておいて「誰が言うかではない。何を言うかである。」なんて言っても誰もその人の言葉に耳を傾けてはくれない。類は友を呼ぶのでブログやTwitterでは誠実に言葉を積み重ねた方が良いだろう。これはセルフブランディングを考えている人ならちゃんとしていると思うが。
09:03
あとブログのアクセス数が多いとか、Twitterのフォロワー数が多いことはあまり自慢しない方がいいと思う。渾身の力で書いていたとしても、たかがブログ、たかがTwitterくらいのつもりでいた方がいい。
09:05
逆に「アクセス数なんてどうでもいい」とか「大したこと書いてません」とかわざわざ書くのもやめといた方がいい。気にしているようにしか見えない。カッコ悪く見えることは極力避けた方がいい。あくまでもセルフブランディングするなら。
10:30
昨日、奈良市の「ならまち」近辺を歩いていたのだけれど、GW前で皆力を温存しているのか、車も人も少なかった。「ならまち」近辺は楽しい店が多く、狭いエリアに色んなものがあるので日帰りで遊ぶには案外京都よりも楽しいと思う。
10:34
奈良市に物凄く行列ができているうどん屋があるのだが、その店は元々私の家の近くにあったがまあそんなに流行っている店でもなかった。今の場所に移って大ブレイク。「立地」は何より大切なのだなと思う。
21:48
今日はブログやTwitterのことをあれこれ書いたが、私自身が塾を作るときには多くの塾の先生方のブログを読み漁り勉強させていただいた。今こうして塾を潰さずにやれているのはそれらを書かれていた先生方のおかげである。自分が今Twitt… https://t.co/xlnm1QZ05p
Calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>
Twitter
Selected Entries
Categories
Archives
Recent Comment
Recommend
難関私大・文系をめざせ!  偏差値どん底からの「早慶・GMARCH・関関同立」突破大作戦
難関私大・文系をめざせ! 偏差値どん底からの「早慶・GMARCH・関関同立」突破大作戦 (JUGEMレビュー »)
笠見未央
こってりと濃密に勉強法が綴られています。本気で生徒達と格闘した指導者でなければ出せない濃密さです。
Recommend
Nikon デジタル一眼レフカメラ D800
Nikon デジタル一眼レフカメラ D800 (JUGEMレビュー »)

3600万画素が生み出す超高画質。ホワイトバランスの進化などD700から大きく進化しています。連写は速くありませんが、画質を優先したということでしょう。素晴らしいカメラ。
Recommend
シグマ デジタルカメラ DP2x 1406万画素 APS-Cサイズ CMOSセンサー 41mm F2.8相当(35mm換算) RAW撮影可能 Foveonセンサー搭載
シグマ デジタルカメラ DP2x 1406万画素 APS-Cサイズ CMOSセンサー 41mm F2.8相当(35mm換算) RAW撮影可能 Foveonセンサー搭載 (JUGEMレビュー »)

見た目はぱっとしないコンデジですが、その描写力はちょっとした高級デジタル一眼よりもずっと上です。扱いが少し難しいですが、きっちり取れれば、まるで3Dのような映像になります。初心者向けではないと言われるカメラですが、こういうカメラこそ、これから写真を趣味にしたいという人が買うのがよいのではないでしょうか。使いこなす楽しみがあります。
Recommend
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM  ニコン用 50mm F1.4 EX DG HSM NA
シグマ 50mm F1.4 EX DG HSM ニコン用 50mm F1.4 EX DG HSM NA (JUGEMレビュー »)

この描写がこの値段で買えていいの?というくらい抜群の描写力です。D800につけっぱなしです。
Recommend
RICOH GXR カメラユニットGR LENS GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO
RICOH GXR カメラユニットGR LENS GR LENS A12 50mm F2.5 MACRO (JUGEMレビュー »)

カメラ・レンズに関しては最近やりたい放題になっています。
Recommend
明日に架ける橋
明日に架ける橋 (JUGEMレビュー »)
サイモン&ガーファンクル
永遠の名盤。当時グラミー賞を総なめにしました。
Recommend
グレイスランド(紙ジャケット仕様)
グレイスランド(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ポール・サイモン
初めてこのレコードに針を落としたとき、良い悪いの判断がつきませんでした。面くらいました。
Recommend
サプライズ
サプライズ (JUGEMレビュー »)
ポール・サイモン
齢60を越えてこんなアルバムを作りますか・・・凄い。
Recommend
ポール・サイモン・ソングブック(紙ジャケット仕様)
ポール・サイモン・ソングブック(紙ジャケット仕様) (JUGEMレビュー »)
ポール・サイモン
アコースティックギターを弾く人は是非聴いてください。
Recommend
A Magic Wand of“Standards”
A Magic Wand of“Standards” (JUGEMレビュー »)
GONTITI
最近のお気に入り。
Recommend
講話録 真理は現実のただ中にあり
講話録 真理は現実のただ中にあり (JUGEMレビュー »)
森 信三
私は「新しいもの」をあまり信じていません。長い歴史を生き残ってきた考え方や技術の方をより信頼しています。
Recommend
毎日かあさん4 出戻り編
毎日かあさん4 出戻り編 (JUGEMレビュー »)
西原理恵子
これは「教育書」です。子育てに悩んだ若いお母さんは是非ご一読を。
Recommend
幼児教育と脳 (文春新書)
幼児教育と脳 (文春新書) (JUGEMレビュー »)
澤口 俊之
脳の働きを勉強しておくと、指導に幅が生まれることは間違いありません。子育てにも役に立っています。
Links
Profile
Search this site.
Others
Mobile
qrcode
Powered by
30days Album
無料ブログ作成サービス JUGEM