2018.05.11につぶやいたこと

00:14
私は大手塾を辞めて自分の塾を作ろうと思っていた時に猫ギター先生のブログを読んで衝撃を受けた。私も頑張ってブログを書いた。初めて先生の塾を訪問し、先生と酒を飲んだ日のことは私の人生の五指に入る思い出の一つである。尾道という言葉を聞く… https://t.co/OpqzHXkTHZ
00:20
懸命にブログを書いていると、Twitterでいうクソリプもエアリプも山ほど受けた。直接売られた喧嘩は必ず買った。2ちゃんねるで私達のことをあれこれ言うスレも立った。好きなことを言われた。そんな中毎日書き続けた。
00:23
あるとき、猫ギター先生の売られた喧嘩の返し方に腹を抱えて笑った。あのようなユーモアたっぷりにやられたらたまったもんではないだろうと思いながらあんまり面白いのでコピペして保存した。喧嘩を芸にする知性を感じた。
00:28
今は私もブログを書いていないし、塾の先生の書いたブログを読んでいない。もしあの頃の猫ギター先生やみかみ一桜先生、ロカビリー先生のような面白いブログを書く先生がおられたら是非教えてほしい。貪るように読んでいたあの頃のようにまた読んでみたい。
10:47
本当に素晴らしい。世界をほんのちょっぴりmore wonderful にしてくれる発明。 ”目でも指でも読める点字”を知ってますか?「Braille Neue」が目指すユニバーサルな社会 https://t.co/m2JCLyMRmZ
11:07
一つ思うのは「働いたって何の希望もない」という姿勢で過ごしても何の得もないということ。今はネットのおかげで昔よりずっと起業もしやすいし、お金を稼いでいる若者もたくさんいる。希望もないと言う人がいる一方でいい時代だなと思っている人も… https://t.co/3YJYVeN8fE
11:16
昔の若者がバラ色だったわけではないよ。私が高校生の頃は就職難で大変だったと思う。「めぞん一刻」の五代くんは苦労してたが、多少の誇張はあるものの、皆苦労していた。バブル期は金持ちが総取りしてこれじゃ今金がない若者はどうなんねんと思っていた。
11:35
若い世代には若い世代なりの課題はあるはず。「甘ったれるな!」の言葉に「老害!」と返したり、いかに自分達が頑張っても意味がないかを探したりするより、「できることはないか」「打開策はないか」と考えた方がいいし、必死でそこを探っている同世代はいるはず。
11:41
念のために言っておくと漫画は時代を反映するので例に出した。あと『ツルモク独身寮』なんかもバブル期の若者の苦悩が見えるかも。日本がバブルの坂を登っている頃、辛い思いをしていた若者はたくさんいた。光は強かったが影も強かった。影の中から… https://t.co/uf9Y0GxUci
22:35
今年の畝傍高校の高1、数学の進度がやたらと速い。ぶっ飛ばしている。理由は二つほど想像がつくが言わないでおく。
22:51
「英語は単語だけではない」は確かにそうだけれど、その言葉は単語から逃げたい人の拠り所になっている節があるので、単語から逃げている人は「英語は単語が全て!単語さえ覚えたら何とかなる!単語命!」でいいです。
23:36
今日はJaMで一人ミーティング。パスタ美味すぎワロタ。 https://t.co/hqax302LJz