2018.06.24につぶやいたこと

06:43
1年ぶりくらいにクラシックギターを触っていきなり。30分くらい弾いていればもう少し上手い(言い訳)。簡単な曲みたいに言われているがそうでもない。 https://t.co/I0t2QIT7Ul
09:27
この後、私なら私が下駄箱を整頓して、もし手伝ってくれる子がいたらうんと褒めるみたいなことを書いた。そしたら元のツイート主は直接返答されたわけではないが「褒めるの先の教育を」みたいなことを書いてらっしゃった。(私のツイートも直接宛て… https://t.co/KEAOTEYBvr
09:39
子供達に「優しい心を育みたい」「助け合う心を育てたい」は素晴らしいことだと思うが、「自分のことは出来るだけ自分でする」「人に迷惑をかけない」はそれよりも優先される教育だと思う。なぜなら自分のこともろくすっぽできず、迷惑をかけていて、人を助けるも何もないからだ。
09:43
「優しさ」の根底には「強さ」が必要。「自分のことは自分でする」「人に迷惑をかけない」は強さの第一歩である。優しさの土台を築くことが優先されるべき。
09:48
あと、「褒めるの先の教育」というのは「褒められる」というご褒美無しでも行動できる子を育てたいという意味なのだと推測する。それは一つの方針だと思う。しかし私は小学生の間は特に「いいことをしたら褒められた」という経験を積む時期だと思うのでうんと褒めた方がよいと思う。
09:56
大人でも褒められたら嬉しい。子供なんていくらでも褒めてあげたらいいと思う。褒められることを期待してよいことをするのが間違いということもないし、褒めなくても子供は先生の顔色を見て行動するもの。
09:59
もちろんうまい褒め方もあれば下手な褒め方もある。テストで良い点をとったからといって褒めるのは下の下。生徒がテストで良い点をとったときは褒めるのではなく、一緒に喜んであげるのである。褒めるのはその過程のあり方。
10:55
「自分のことを自分でする」ことを徹底すると、今度は教室の中に自分のことを自分でしていない子への不満が生まれる。できていない子に粘り強く働きかけると共に、クラスに生まれる負の感情を乗り越えさせ、助け合うことや認め合うことを教えていく。
20:24
反論できないとき、適当な言葉呟いて「あなたは所詮そのレベル」って何の意味も無い優位性示してお終いにするような人って研究会や勉強会でもまともな議論をしたことがないのだと思う。
20:29
RT @kamiesu: 「型」を批判する人間のその批判が「型通り」で笑える。「思い込み」と「決めつけ」の批判とも言えない言いがかりは勉強不足の人の典型。そういう人は難しい言葉を使うのが大好き。
20:30
RT @kamiesu: 「型」にはまらないことを要求すると、子供達は「権威」である先生の顔色を見て、先生が喜びそうな行動を取り始める。そして期待通りの子供の行動に「権威」は上機嫌。見事に「権威」は機能する。
20:35
RT @kamiesu: 「権威」に弱い人は傲慢なことを言っていても相手が「権威」と懇意だと知ると、とたんに態度を変えて謝ってきたりする。自分が「権威」に弱いことの自覚がない。話は変わるが、謝るときは人づてに謝ってはいけない。そういうのは謝るとは言わない。人として間違っている。
20:35
RT @kamiesu: もう一つ言うと「型」を大切にする人の殆どは「型」から飛躍し、「型」を突き破って成長するまでをセットに指導を考えている。「型?それは生徒を枠にはめてしまうだけのもの。駄目!」それこそ決めつけだけの狭い「枠」にはまって抜け出せない発想だと思う。 https…
20:35
RT @kamiesu: 自分は子供達を「型」にはめない指導をできていると思っているが、考え方が固着した教師の指導はそれはそれで子供達を何らかの「型」にはめていく。もちろん自覚はない。聞く耳も持たない。批判相手が勉強不足と思うだけ。救い難い。
23:03
まさか「型」を否定する人は「型」を大切にする人の指導が最後まで「型」で終わるものだと思ってやしないだろうか。指導者がマンネリの発展性のない怠惰な指導をするためのものだと思っていないだろうか。もしそうならその人は明らかに教育の勉強が足りない。
23:13
「型」を持っていれば、その「型」をやがて応用していくのは自然なことである。「型」に押し込めたら人は成長できないなどと思うのは勉強不足であり、経験値が足りなさすぎる。「型」の習得からその力を開花させ飛躍していった例などいくらでもある。
23:17
「型」への理解が足りぬ者が自分自身の貧困なイメージの中のそれを勝手に批判する。