全裸で考えた

最近の趣味は「風呂掃除」である。毎日せっせと風呂を磨いている。いつ風呂掃除をするのかというと、それは自分が風呂に入るときである。台所用のスポンジを使うのが具合がよくて、自分の体を洗ったあと、せっせとそのスポンジで風呂を磨いている。今では風呂に入るついでに風呂を掃除しているのか、風呂を洗うついでに風呂に入っているのかよく分からないというくらいのもんである。

 

毎日掃除していると風呂はたいていキレイなので磨くところがなくなってくる。そうすると今度はどこか汚れたところ、磨き損ねたところはないかと色々探し出す。蛇口の裏側とか、浴槽のヘリの溝だとか。汚れを見つけたときは嬉しくなってくる。「へっへっへ、見つけてやったぜ」とほくそ笑みながら磨くのである。もちろん私は全裸である。

 

毎日同じことをやっていると、工夫をしたり、改善をしたり、日々やっていることに漏れがないかを探す習性が人間にはある。毎日コツコツと勉強をしていれば、やり残したところはないか、もっと難しい問題もやってみようか、などと高いところを目指せるようになる。普段コツコツとやらずにテスト前に慌てて、という勉強ではその高みにはいつまでも登れない。

 

それが習性というならすべての人間はあっという間に成長してしまうが、そうは問屋が卸さない。人間はいくつもの相反する習性を内在させている。工夫、改善を目指す習性を持ちながら、一方で面倒臭いとか、物を考えたくないという習性も同時に持っている。人間にはいくつもの習性が絡み合うように存在しており、どの習性が優位に立つかは、結局のところ、その人の「習慣」が決めているのだと私は思うのだ。「人は習慣の奴隷」である。逆に習慣を変えることによって自分自身を変えていくこともできる。工夫をしたり、改善をしたり、ち密に積み上げていくにはそれができる習慣をコツコツとつけていかなければならない。

 

自分自身を変えようとして新しい習慣を積み上げようとしても、「変化を嫌う」のも人間の習性で、なんやかんやと理由をつけて変化をしないようにしようとしてしまう。「こんなことやってて意味があるのかな」「こんなことをするならもっと他のことに時間を使った方が」と、一見もっともらしい理屈をつけてくる。心の奥のあなたの怠惰さがあなたに囁くときは何かの姿に化けて囁いてくる。ここのところでコロッとやられてしまう人が多い。

 

「続けることに意味がある」という言葉がある一方で、「無駄なことを続けてもまったく意味はない」ということもよく言われる。どっちが正しいということはない。どちらも正しい言葉なのだ。つまりは「無駄ではないことを正しく判断し続ける」しかない。それをどう判断し、見つけていくことができるかは非常に難しい。結局は、色んなことを真面目に考え、数多くの考えに触れてきたかどうかというところにかかっているのだろう。生徒諸君はいっぱい色んなことを考えてほしいと思うのだ。人は他人に騙されるよりも自分自身に騙されることの方がずっと多いのだから。

 

 

 

 

コメント
トラックバック
この記事のトラックバックURL