今日生徒に言ったこと(13)


「あきらめたら『あすなろ』にもなれないんだよ。」


「あすなろ」という木がある。「あすなろ」の木はその木目が「檜」そっくりで、むしろ「檜」より美しいにもかかわらず、「檜」より脆く腐りやすいので、材木としては使えないのだという。

「檜」になりたい「あすなろ」は、明日は檜になろう、と言い、つまりは「今日」何もしないので、いつまで経っても「檜」になれないのだと、とうとうそんな物語までできてしまった。

私は中1の生徒達に450点を目指そうといつも言っている。450点の難しさが分かってきた彼らの中には諦めそうになっている子もいる。

「あすなろ」は今日何もしないのだけれど、いつも「明日は檜になろう」という夢は少なくとも捨ててはいない。しかし、「目標」があるが、「行動」ができない、その「あすなろ」が「檜」なる夢さえ捨ててしまったら…

今日、中1の生徒に「あすなろ」の話をしながら、今どんなに450点が遠くても、今からあきらめたり、目を背けたりしたら、「あすなろ」にもなれないのだと何度も話をした。

私もまた「全員を伸ばす」ということをあきらめない。



コメント