妥協のライン

(以前のブログからの再掲)

「仕事とは妥協すること」であると思う。100%妥協なく仕事をするということはありえない。そんな言葉は「嘘」になってしまう。

「締め切りがあるから妥協をする」、「予算が限られているから妥協する」、「コストとの折り合いで品質を妥協する」など、仕事をする上ではどうしても「妥協」というものとは無縁ではいられない。

「よい仕事」をするということは、この「妥協」の部分をできるだけ小さくすることなのだと思う。

私は塾を作るときに、この「妥協」の幅をできるだけ小さくし、高い位置での「妥協」をするようにした。自分自身を値踏みしたとき、私は自分自身のことを能力が低いとは思っていないが、何処の誰にも圧勝ができるほど優秀だとも思っていない。

そんな自分が仕事の分野で「勝つ」ためには、つまりは、何処よりもよい塾を作るためには、この「妥協」の幅をできるだけ少なくするしかないと考えた。

だから、何かを見失い、「変節」したなら、私は一気に全てを失うだろう。そういう覚悟はしているつもりである。

コメント