夏期講習あれこれ

期末試験の時期であるにもかかわらず、夏期講習会の申し込みがポツポツ入ってくる。中学生の夏期講習の申し込みというのは期末試験が終わったくらいからが本格的で、今の間はあまり活発でないのが普通だ。おまけにSORAは昨年、教室と空き席がなくて夏期講習ができなかった。だから今の時期から申し込みがあるのは本当に嬉しい。

実は今回の夏期講習会、高校生も若干名募集した。そうしたらこちらの方が申し込みが多くて驚いた。申し込みが10名ほど、問い合わせの電話は初日からバンバンかかってきた。高校生の塾のニーズというのはそれほどあるのか?

高校生といえば、高校生の自習生の申し込みが先日からひっきりなしで、7名ほど増えた。やる気のある真面目ないい連中ばかりでなかなか楽しい。

期末試験の勉強で生徒達をしごくのと並行に夏の準備を進めなければならないのは大変だが、塾がこの時期「ひま」だったら精神的には100倍大変だ。動きのある毎日は本当にありがたいことなのである。

『夏のSORAの愛とガッツの講習会』中1〜中3生大募集しております。よろしくお願いいたします(笑)


コメント

 いつも子どもがお世話になりありがとうございます。いつもこのブログを楽しみに拝見させていただいています。

 さて、最近の高校生は小・中学から塾通いしているため、どうも一人自分で勉強することに慣れていないように気がします。

 受験勉強で予備校に通うのは、分かる気もしますが、普段の授業くらいは、家庭学習でしっかり理解してもらいたいものです。

 『塾で勉強=理解した』と思い違いしている高校生が多いのではないでしょうか。結局学校や塾でやったことを理解し定着させるためには、家庭学習がかかせません。

 また、我々が学生の時と違い、家庭にも色々誘惑(携帯、パソコン、ゲーム)があったりし、自分の部屋で勉強しにくい環境になっているのかもしれませんね。

 そういう私の子どもも、期末テストが終わり、少しふぬけ状態になっています(笑)。

 上江洲先生が、前向きに色々チャレンジされる姿には、いつも驚くとともにどこからそんなエネルギーが湧いてくるのか、疑問に思います。

 愛とガッツの講習会が、塾生にとっても実り多きものになることを期待しています。

  • オロチ
  • 2008/07/01 19:05

オロチさん

>いつも子どもがお世話になりありがとうございます。いつもこのブログを楽しみに拝見させていただいています。

ありがとうございます。励みになります。

>さて、最近の高校生は小・中学から塾通いしているため、どうも一人自分で勉強することに慣れていないように気がします。

このことは大問題だと思っています。塾に縛り付けられ、言われたままにやっている中学時代はよかったものの、さて高校生になったらどうしていいかわからないという子は少なくありません。

SORAではそういうことにならないよう、「管理し過ぎないよう」に気を配っています。そのあたりは保護者会等でお話しさせて頂くとおりです。結局その方が点数も上がりやすいものです。


>受験勉強で予備校に通うのは、分かる気もしますが、普段の授業くらいは、家庭学習でしっかり理解してもらいたいものです。

ここにもう一つの問題があります。中学の勉強と高校の勉強のつながりが悪いのです。中学の勉強が内容を減らされて易しくなったのに高校の勉強の難易度がほぼ変わっていませんので、生徒達が高校に入って戸惑うのです。生徒達にも問題があるのでしょうが、教育課程にも問題があります。私が定期試験の内容、公立高校入試の内容以上に生徒を鍛えるのはこのことがあるからです。

>愛とガッツの講習会が、塾生にとっても実り多きものになることを期待しています。

「愛とガッツの塾」として頑張ります(笑)これからもよろしくお願いいたします。






  • kamiesu
  • 2008/07/01 19:22