奈良高校と畝傍高校どちらにするか?(2)

「中学から高校への学習内容の繋がりの悪さ」は現在の学校教育における大きな問題であると私は思っている。

指導要領の改訂で、中学での学習内容を易しくし過ぎたツケが高校に回っていて、高校入学の初っ端から授業についていけなくなっている子はかなり多い。高校に入学して教科書を渡され(実際は購入しているのであるが)、「はぁ、ナニコレ?これ高2の教科書ちゃうん?」と面食らった子は数限りないのではないか。それくらい(彼らの目には)教科書の難易度が突然高くなる。

学習というのはどこかで「ジャンプ」させなければならない。学力を伸ばすためにはどこかで「飛躍」させる必要は確かにあるのだが、そこは教師がうまく乗り越えさせてやらなければならない。今の高校の先生は公立中学での学習内容を正確に把握していらっしゃるだろうか。

現在の「中学から高校への学習内容の繋がりの悪さ」の責任は現場の先生方に責任はない。これは文部科学省の責任だ。ただし教育課程が良かろうと悪かろうと、問題点を捉え、目の前の生徒に適切な指導をしていくのは現場の先生の責任である。この場合の「適切」とは、生徒の学力を伸ばすという点においての「適切」でなければならない。教師というのは生徒のために存在しているのである。教師が通り一遍に「教育課程通りに適切」なだけでは駄目だと私は思う。

その点で言えば、高等学校が一番力を注いで頑張らねばならないのは、大学受験の指導よりも、最初の一年、高1のときである。そこでの土台がしっかり築けていないのに大学受験も何もない。

学校選びとなると、ついつい進学実績などに目が行くが、それは誰が見ても分かることで、むしろ高1の生徒にどういう働きかけをしているのかといった地味なところにも目を向けておきたい。

奈良県南部の成績優秀な生徒が奈良高校へ多く進学するようになった背景には親の世代が「データ重視主義」になったというのはあると思う。自分の学校選びに「偏差値」を用いた世代が親になり、それまで何となく存在した「空気」や「常識」が変わり始めたのだろう。

データを見ることは悪いことではない。大切なことである。しかし難関大学への進学者数が多い学校に行けば、自分が、あるいは自分の子どもがそれらの学校へ進学できる確率が高くなるわけではない。そんなことは当たり前のことで、その程度のことをしたり顔で書くなと言われそうだ。しかし案外そのあたりを考えないまま受験校を決めてしまう人も少なくはない。色んな意味で受験直前は冷静でない場合も多いのだ。

また、塾の先生が勧めてくださったからという理由で学校を決める方も少なくはないが、塾の方にも「思惑」があったりする場合もあるので、やはり自分がその学校に通うことになった場合のことをしっかり考えなければならない。

奈良高校、畝傍高校で迷っている子は、実際に電車に乗って奈良高校や畝傍高校に行ってみて、通学に必要な時間くらいは計っておくくらいのことは最低限必要だろう。奈良県南部から奈良高校はやはり少し遠い。意外に通学時間というのは重く圧し掛かるものである。

進学する学校を決めるときにはどこかで「クールヘッド」を保っておかなければならない。しかしクール過ぎてもいけないというのが難しいところだ。

(つづく。長くなるかもしれない。)









コメント

ブログを含めSORAのHPすみずみまでの愛読者です。たくさん学ばせていただいています。

「奈良高校と畝傍高校どちらにするか?」シリーズ、更新を心待ちにしています。

「塾長書く語り記」に「書き直し中」とあったのを見たときから楽しみにしていました。

でも夏はお忙しいでしょうから、どうぞご無理はなさらずに。

  • ふきのとう
  • 2008/07/17 17:55

ふきのとうさん

>ブログを含めSORAのHPすみずみまでの愛読者です。たくさん学ばせていただいています。

ありがとうございます。書きかけで止まっており申し訳ございません。もう少しお待ちくださいね。よいものを書きたいと思います。

  • kamiesu
  • 2008/07/19 10:58

大変ご無沙汰しております。M美です。

先生のブログを読ませていただくのも、とっても久しぶりで…ずっとさかのぼっていたらこの記事に出くわし、思わずコメントさせていただきました。

私はまさに「奈高」と「畝高」のどちらを受験しようか悩みに悩んだ中3生の中の一人でした。
塾の先生は「奈高」を強く勧めてくださいました。
両親(特に父)は「畝高」にした方がよいとアドバイスしてくれました。(父は「畝高」、母は「奈高」の出身でした(^^;))

学校の担任の先生は、「どちらでもいいんじゃないか」とおっしゃいました…。(自分の行きたい学校に行きなさい、という意味だったのだと思います。)


悩みました…結果、「畝傍」を選びました。

入学後、夜な夜な何度も夢を見てうなされました。畝高に行くのも、奈高に行くのも、全く同じ通学時間で通える、という夢。

実は、父が畝傍高校を勧めてくれた一番の理由は「通学時間」の長短だったのです。
高校生が…しかも女子が、通学に長時間をかけるのは、体力的にもしんどいし、その通学時間をほかのことに使うほうがよい、と。

あんな夢を見るなんて、入学直後の私は、どこかで奈良高校にうしろ髪をひかれていたのだと思います。

しかし3年間畝傍高校に通って、父の考えは私にとっては正解だったと痛感しました。
もちろん、それだけではなかったのですが、私は「畝傍高校」を選んで本当によかったと思っています。

畝傍高校は、私にとって「ぴったり合う」学校でした。
(もちろんKamiesu先生がおっしゃる「奈良高校の子には負けたくない!」気持ちもありました)


Kamiesu先生の「どちらにするか?論」、続きを楽しみにしています。


ちなみに大学に進学したとき、下宿をしたいと言った私に、父は一言「あかん!家から通いなさい!!」と言いました。
おかげで大学3年生になるまでの2年間、私は片道3時間弱かけて京都まで通いました・・・。結局父は、私を信用していなかっただけなのかもしれません(笑)


でも、そのおかげで、私は自宅の近くでのアルバイト先を探し、そこでKamiesu先生とお会いすることができたのですが。

夏の懇談、大変熱いものになっていると思われますが、お体無理されませんように…。

  • M美
  • 2008/07/25 11:26

先生のブログをいつも楽しみにしている高1と中2の娘を持つ親です。
確かに私が奈高生だった30年近く前は奈良高校と畝傍高校は桜井市・田原本町辺りを境に南北で住み分けしており、私が通っていた奈良市の中学から畝傍へ行く生徒は皆無でしたし、逆に田原本町以南から奈良高行へ通って来る生徒も数えるほどでした。
それは、京大・阪大・神戸大への進学実績で多少は奈良高校が上回っているものの両校の実績に大差が無かったからだと思います。
そいうい状況であれば、先生が仰るように通学時間を重視した選択も有りですし、当時は放任の奈良高校と面倒見の良い畝傍という校風の違いもありました。
しかし、今春の進学実績で東大・京大合格数が奈良高52人、畝傍7人、郡山7人となっている現実を見ると、もはや奈良高校と畝傍高校の学力レベルの差は同格に扱えるものではなく、むしろ郡山高校に近いことが明らかです。
このように両校の格差が拡大したからこそ、最近は娘が通っている奈良市の中学校からも奈良高校に届かない生徒が、畝傍へ毎年進学するようになったのだと思います。
長女は今春奈良高へ入学しましたが、私たちの時代とは大きく様変わりして、学習指導の面倒見が良くなっていることに驚きました。
この点でも奈良高と畝傍との違いはなくなりました。
私の経験から言っても、例え結果として東大・京大・阪大へ進学できず同志社や関学へ進むとしても、クラスに優秀な同級生が大勢いることから得られる好影響は数知れません。
学年に東大・京大へ進学する生徒が7人(クラスに1人未満)しかいない畝傍高校と52人(クラスに5人以上)もいる奈良高校。阪大の進学者も二倍いる奈良高と畝傍では当然クラスの雰囲気も違ってきます。
従って、自宅からムチャせずに通えるなら、南部の生徒も畝傍より奈良高校へ進学すべきだと私は思います。

  • 奈高と畝傍どちらにするか?
  • 2008/11/16 17:10

いつもブログをお読みくださりありがとうございます。

昔と違い、奈良高校と畝傍高校では進学実績において差があります。進学実績では奈良高校が奈良県ナンバーワンで、畝傍高校はナンバーツーです。一位と二位の差というのは二位と三位の差よりも(数値以上に)はるかに大きいのはどこの世界でも同じですね。

それでも、なんとなく評判がよい、偏差値が高い、実績がある、などの表面上の情報を鵜呑みにしてしまい、熟考せずに決めてしまうのはよくありません。塾の言い分や世間の評判にもたれかかるのではなく、しっかり考えて学校選びをする。それが私の言いたいことの一つでした。(夏から放ったらかしてすみません。)

お母様のように、HP等で進学の実績をお調べになり、進学する本人さんともよくお話をされ(きっとされたことだと思います)、色んな要素を考え抜かれた上で学校を選択される。高校選びとはそのようにありたいものです。






  • kamiesu
  • 2008/11/18 17:53

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2008/12/23 16:02

奈良と畝傍、そんなに差が出来たんですね。
私は15年前の畝高生ですが、当時はそんな大した差はなかったかと思いますが・・・。
私は近いからの理由で畝傍にしました。
中学の担任の先生は奈良を勧めましたが、両親も近いから畝傍で良いと考えてました。
何故、担任が奈良を進めたかの理由は・・・確か奈良高校の方が倍率が低くて(1.0?倍だったような)・・・ほぼ合格確定じゃんこれ!!!みたいな理由だったかと。
当時は奈良の方が受かりやすいと言われておりましたから。
でも、そんなに差が出来てしまったのでは・・・ちょっと考えますね。
距離を取るか、多少差が付いた実績を取るか・・・今の私でも距離を取ると思いますけど。(笑)

やはり10年前の学校統廃合、スーパーサイエンスプロジェクトで奈良だけが選ばれた等等の時代の変遷が理由なんでしょうね。
田舎は廃れていく時代・・・そんな時代になったということでしょう。

卒業生としては”畝傍頑張れ!”と応援しています。

  • 畝傍っ子
  • 2010/02/24 10:57

奈良と畝傍でそんなにも進学実績に差が出てきているのですね。お恥ずかしいことですが、全く知りませんでした(笑)。

ただ、私の個人的な考えですが、次のことが原因の一つではないかと思います。

一時期進学校では『65分授業』が流行りました。但し奈良は45分授業を取り入れました。

今では65分授業を取り入れた高校は、ほとんど見直しむしろ45分授業に変更しています。65分授業を今なおしている学校は畝傍ぐらいです。

聞くところによると、奈良は45分間で50分の内容をしているとか。

畝傍も65分授業を取り入れた当初は、それなりに効果があったと思います。しかし最近の生徒で65分も集中できる生徒は減ってきているのではないでしょうか。全県的に御三家も含め生徒のレベルがダウンしていますから。

だから、65分授業が今やデメリットになっているのではないでしょうか。

元々行われていた50分授業はそれなりに意味があったように思います。コマ数増やしのために、45分授業を取り入れた経緯はありますが、むしろ集中力に欠ける今の高校生には、45分授業の方があっているのかも分かりません。

どうもこの65分授業を畝傍がかたくなにやり続けることが、進学実績に差が出てきた原因のように思えてなりません。

私自身も畝傍のOBですから、畝傍には頑張って欲しいと思っています。

  • orochi
  • 2010/03/22 22:33

orochiさん

>今では65分授業を取り入れた高校は、ほとんど見直しむしろ45分授業に変更しています。65分授業を今なおしている学校は畝傍ぐらいです。

そのことについては、私、ちょっと目をつけていました。高校生に65分は難しいような気がします。SORAは60分授業ですが、導入をコンパクトにして、授業中に演習をできるだけいれるようにしています。ですから60分がよいと思っていますが、高校生に解説だけで65分を「よい授業」に組み立てるのは中々難しいと思います。

  • kamiesu
  • 2010/03/25 22:32