奈良高校と畝傍高校どちらにするか?(3)

大学進学実績で言えば、今では奈良高校と畝傍高校ではかなりの差があると言っていい(昔に比べれば)。各学校のHPには大学進学実績が載っているのでそういうものを見ればすぐ確認できる。

学力の高い子と机を並べて勉強することで刺激を受けることを期待し、奈良高校を選びたいと考える生徒や保護者の方の気持ちはよく理解できる。友人関係を含む高校生活の環境というのは本人に大きな影響を与える。

受験勉強のやり方などは先生から教えてもらうことも役には立つが、先輩や友人からの情報の方が実は結構力になる。そういう「環境」を手に入れることが偏差値の高い、難関大学に数多く進学する高校へ進む一番のメリットかもしれない。その点で言えば、畝傍高校よりも奈良高校の方がよいのかもしれない。

また、奈良高校にはけっこうな数の東大寺学園や西大和学園を併願校にした子がいる。東大寺学園に合格していながら、それを蹴って奈良高校にやってきた子がいる。そういう子らは「猛者」だ。東大寺に合格して奈良高校へ行く子なんているのかと疑問を持つ方もおられるかもしれないが、かつて私が教えた子の中にそういう子は本当にけっこういた。

彼らは高校へ行った後のことを考え、自分の学力を最大限に磨くためにそれらの学校を受験したのである。難関私立の入試は三年後に難関大学に合格できる子が欲しい。その視点で入試問題を作成している。それらの学校に合格するということはつまり三年後に難関大学に合格できる力を磨いておいたということである。

もちろん東大寺学園や西大和学園に合格した子だけでなく、僅差で涙をのんだ子はもっといる。合格できなかったとしても、その子達もまた三年後のための力を磨きに磨いて奈良高校にやってきたのである。そういう子は勉強の仕方もソツがないし、馬力も相当なものだ。そしてそういう子の多くは三年後に実際に東大や京大に合格していく。そういう子の数はやはり畝傍高校よりも奈良高校の方が圧倒的に多いが、奈良や畝傍のトップレベルというのはそういう子達がいるのである。

奈良高校や畝傍高校に進学するような子の多くは小さい頃から「お勉強のできる子」と周りから言われてきた子が多い。少なくとも勉強に関しての劣等感はあまり感じた経験はないだろう。

しかし奈良や畝傍に行けば、首位もいれば最下位もいる。進学後のことをあまり後ろ向きに考えることは賢明ではないが、そういう環境では勉強をしない子はあっという間にビリに近い成績を取るのである。奈良や畝傍に行く子は勉強する覚悟をしてそれらの学校に行ってほしい。

大学受験は高校受験のように甘くない。そう、高校受験は大学受験に比べればずっと甘い。高校受験と同じような感覚で大学受験に臨むと簡単にひっくり返されてしまう。

私の塾のある奈良県南部から奈良高校へ進学する子には特に本気の本気で覚悟を決めて進学してほしいと思っている。SORAにも何人か奈良高校の生徒がいるが、特に部活動との両立はハードであるし、中学時代にはあまりしゃかりきではなかった子だって今ではマメに自習室に来てたくさん質問をしている。

じゃあ奈良高校というのはいつもそんなピリピリした雰囲気かというと実は全くそうではない。しかしそこが怖いところだ。そんな中でも多くの子はしっかりやっているのである。学校でヘラヘラしていても家でやるときはやる。そういう子が多いのだ。表面のムードに流されたらとんでもないことになる。

また、これはこのシリーズの(1)で書きかけたが、日本の教育カリキュラムは中学と高校のつながりが非常に悪い。指導要領に明らかに問題がある。中学で習うことが少ないのに、高校で習うことが一気に増えるのである。(英語の英単語学習量だけ見ても明らかだ)元々高校の学習は苦しくなるようになっているのである。私はこれは日本の教育の大問題だと思っている。(私立の中高はそこをよく分かっているので中高一貫の独自のカリキュラムで進めているのである。)進学校へ進む子はなおさら覚悟がいる。

奈良高校へ行こうと、畝傍高校へ行こうと本人が高い意識を持って勉学に臨めば、よい高校生活を送り、希望する大学へ行くことができる。奈良県南部の子で部活動をハードにやりたいと思っている生徒は通学時間のことを考えれば、畝傍高校の方がいいかなと少し思うが、本人がどうしても奈良高校というならそれは奈良高校へ行くほうが正解だ。

確かに勉強に対する意識の高い級友と過ごせる環境は魅力的だ。ただ、内申点が足りないとか、実力が少し足りないのに不合格のリスクを犯してまで、奈良高校を受験するのは正直よくない。奈良高校を不合格になるのは勿体ない。惜しすぎる。それならば奈良県南部の子なら絶対畝傍高校にするべきだと思う。一旦引いた悔しさは大学受験でリベンジをすればいい。

長々と書いてきたが、私の考えをまとめると、以下のとおりである。

1 大学進学実績がいいからといって奈良高校に行った方が必ずよい大学へいけるというわけではない。(そういうのは確率の問題ではない)

2 ただし奈良高校には切磋琢磨できる猛者はたくさんいるのでよい影響を受ける可能性はとても高い。(奈良県南部から遠い距離を通う値打ちはある)

3 奈良高校、畝傍高校どちらへ行こうと高校ではしっかり勉強しないと大変なことになる。そこはゴールではなく、次のスタートだ。(けっこう燃え尽きている子がいないだろうか)

4 奈良県南部の子で部活(運動系)をやるなら、奈良高校は結構ハードである。(覚悟して行ってね)

5 本人が行きたい方があるならそっちへ行くべき。(どちらでも頑張ればよい大学へ行ける。本人の意思を曲げて無理やり行かせることはない)

私がこの中で一番大切だと思うのは3で、次が5である。

私は数え切れないくらいの教え子を奈良や畝傍に送り出してきた。また現在もそれらの学校を卒業した子等との交流も多い。今のSORAのスタッフにも東大寺、奈良、畝傍の出身者がいる。そんな中から感じたことを書いてみた。生徒の皆さんは最終的には色んな人の話を聞き、たくさんの情報を得て、最終的には自分自身の決断と意思で進路を決めて欲しいと思う。
コメント

東大寺学園は専願のみなので
「東大寺学園に合格していながら、それを蹴って奈良高校にやってきた子がいる」
というのはあり得ないのでは?

昔はいけたとかっだったら申し訳ございません。

  • 2009/12/27 01:02

>東大寺学園は専願のみなので
「東大寺学園に合格していながら、それを蹴って奈良高校にやってきた子がいる」
というのはあり得ないのでは?

東大寺学園は「専願のみ」ではありません。むしろ「専願」がありません。灘などの学校と併願している生徒はたくさんいます。合格者も募集人員の倍ほどいます。

  • kamiesu
  • 2009/12/27 09:23

四半世紀前を知る者としては、あの「よきライバル関係」が崩壊しているという現状に驚いています。当時は両校とも、進学でも部活でも県下有数の実績があり、何だかんだいいながらもお互いをレスペクトしていたものです。先生がたも、受験指導なんてしたこともないくせに(笑)、やたらとライバルの進学実績を気にしていましたね。

北の学校はただでさえ駅から遠かったりもするので、南の優秀な子はもう一度あの名門を復活させてもらいたいものですね。

また、東大寺学園を蹴るという話ですが、その当時は自分の知る範囲で学年に5-6名はいた記憶があります。さすがに私学全盛の21世紀にそんな奇特な子はおらんやろう?と思っていたのですが、先生の記事を読んで(おそらく絶滅危惧種ではありましょうが)いまでも存在していることに驚き、ちょっとうれしい気持ちになりました♪

すいません、通りすがりのつぶやきでした(^^)

  • なつかしい♪
  • 2010/01/15 13:05

僕の学校にも東大寺・灘 受かって蹴ったひといますよ。

  • いいにわ9
  • 2010/05/15 19:16

はじめまして。
25年ぐらい前に畝傍高校を卒業したものです。
ご意見、納得です。私も中学と高校の勉強量の差がありすぎると思います。私が大学受験のときは数掘化学兇倭瓦間に合わず受験しました。やっぱり高校に入ってからのチェンジアップは大切ですね。
 子供にはこんな失敗をさせたくないので中高一貫校に入れてしまいました。
 
 話は変わりますが、私は今東京に住んでいますが、東京だと奈良高は知っていても畝傍高はほとんど知られていません。(あまり東京に出る人も少ないですしね)
やっぱり公立トップ校は1校なんだなあと思います。(サビシイですが...)


  • 母校の名前で立ち寄りました。
  • 2010/05/23 21:29

>母校の名前で立ち寄りました。さん

25年の月日で、世はゆとり教育の時代になり、さらに小中学生が勉強しなくなり、高校での負担が大きくなっています。大変なことです。


>話は変わりますが、私は今東京に住んでいますが、東京だと奈良高は知っていても畝傍高はほとんど知られていません。

日本で一番高い山は富士山とは誰もが知っていますが、二番目は?となるとほとんど答えられないのと似たような感じでしょうか(笑)

先日、畝傍に行った教え子が京大の医学部に合格したと報告に来てくれました。奈良であろうと畝傍であろうと行くヤツは行きます。ぜひとも畝高生には頑張ってもらいたいと思います(笑)

  • kamiesu
  • 2010/05/25 15:26

父親が旧制「畝中」で姉は「畝傍高校」私が「奈良高校」、常に気掛かりな2校です。
私の居た30年以上前・・・進学は少し奈良高校が上でしたが・・・伝統や格式では畝傍の方が上、互いにリスペクトしていたような気がします。
奈良盆地南部の地域性より、子供3人共「畝傍」にお世話になっています
さて・・・「畝傍」と「奈良」のお話 私の長男のとき、同じ塾の仲良し4人組。A君が「奈良」へ 長男とB君が「畝傍」へ C君は「畝傍」を失敗後「大阪の私学」・・・・そして3年後 長男とC君は「国公立」大 B君は「有名私学」現役合格。奈良へ行ったA君は受験失敗後、浪人中に「専門学校」から「就職」。
現役合格の3人の中でも・・・畝傍を失敗したC君がランク的に一番いい大学に入学しています。そして現在既に大学4年生・・・社会に出たらまた変わるかも知れませんね・・・
「人間万事塞翁が馬・・・」でしょうか・・・やっぱり「個人の努力」でしょうか?・・・・お邪魔しました。

  • 奈良高校検索中でした
  • 2010/12/23 11:46

奈良高校検索中でしたさん
コメントありがとうございます。以前に書いたブログなのですけれど、時折こうしてコメントをいただきます。

>奈良盆地南部の地域性より、子供3人共「畝傍」にお世話になっています
さて・・・「畝傍」と「奈良」のお話 私の長男のとき、同じ塾の仲良し4人組。A君が「奈良」へ 長男とB君が「畝傍」へ C君は「畝傍」を失敗後「大阪の私学」・・・・そして3年後 長男とC君は「国公立」大 B君は「有名私学」現役合格。奈良へ行ったA君は受験失敗後、浪人中に「専門学校」から「就職」。
現役合格の3人の中でも・・・畝傍を失敗したC君がランク的に一番いい大学に入学しています。そして現在既に大学4年生・・・社会に出たらまた変わるかも知れませんね・・・
「人間万事塞翁が馬・・・」でしょうか・・・やっぱり「個人の努力」でしょうか?・・・・お邪魔しました。

これはひとえに「経験から何を学び、どうあろうとするか」ということに尽きるのだと思います。「成功」から何を学ぶのか、「挫折」から何を学ぶのか。

こういう話を聞くたびに(実際こういうことはよく聞きます)、子ども達には「合格」を目指すことだけを教えるのではなく、自身のすべての経験から学ぶことを教えなければならないとつくづく思います。

  • kamiesu
  • 2010/12/26 16:55

勉強、進学に関しては仰るとおりです

私は奈高出身ですが、何の覚悟も持たず入学して、あまりの勉強量の多さにもかかわらず部活優先で勉強は後回しにして、成績が300番台に埋もれてしまいました。取り返すには浪人してギアチェンジするしかありませんでした。

ただ、校風と言いましょうか、京大、阪大とか偏差値とか目の色変えている人間ばかりでは無いので、そこが悪いところであるが良いところでもあると思うんですけどね^^

奈高は自主性に任せる、つまり自力解決が必要となる環境なワケで、学歴はどうであれ社会に出てからの適応力は多くの生徒が身に付けていると思います。

  • 通りすがりです
  • 2011/07/16 23:15

コメントありがとうございます。このブログの記事は検索に引っかかるのか、2年半前に書いたものであるにもかかわらず、今でも時折コメントをいただきます。

>ただ、校風と言いましょうか、京大、阪大とか偏差値とか目の色変えている人間ばかりでは無いので、そこが悪いところであるが良いところでもあると思うんですけどね^^

それは奈良高校のよいところだと私は理解しています。歴史と伝統のなせる技ですね。新興私立進学校ではこうはいきません。

>奈高は自主性に任せる、つまり自力解決が必要となる環境なワケで、学歴はどうであれ社会に出てからの適応力は多くの生徒が身に付けていると思います。

自主性ということに関して言えば、奈良高校には思うことがあります。今から10年以上前だったでしょうか。合格発表の日のことでした。たいていの高校では合格発表の場で部活の勧誘をすることは禁止されています。しかしながら、奈良高校だけはこれが禁止されていませんでした。

ですから、通常、合格発表の場では受験生にその高校の生徒が絡むことはないのですが、奈良高校だけは合格発表の場に生徒達が部活のユニフォームを着て待機をしているのです。もちろん合格した子をいち早く自分の部に取り込むためです。

合格者が掲示されると、奈高生達はダッシュで受験生にかけより、にぎやかにやかましく勧誘を始めました。彼らは皆これをお祭りのように楽しんでいました。しかし、その場はお祭りではなく、合格発表の場です。中には「な、な、なあ自分?受かった?受かった?」と不合格の悲しみに耐えている子にまで無神経に声をかけている者もいました。

後年、この合格発表の場での勧誘は禁止ということになったようで、お祭り騒ぎはなくなりました。ただ、勧誘はしないものの、ユニフォームを着て、うろうろしながらさりげなくアピールしている子はいたように思います。(最近奈良高校の発表に行っていませんのでこの春のことなどは分かりませんが)

私は「自主性を育む」という言葉を聞くと、この奈良高校での出来事を思い出します。「禁止」にしてしまえば話は簡単で、こういうことが起こることはありませんでした。「○○禁止」はもっとも安易な教育方針です。だから奈良高校はできるだけそういうことをしたくなかったのかもしれません。他の学校よりほんの数歩だけ下がって教師が介入するのを待つことができる学校なのかもしれません。そういうことの積み重ねが通りすがりさんの仰る校風につながっているのかもしれませんね。

(私はこのコメントで奈良高校を批判しているのではありません。このエピソードだけをみると、「何だこの学校は!教師は生徒を指導してるのか!!」となる話ですが、そういう声に教師がビビると禁止禁止の連発になります。たしかにあの日あの場所で教師がもっとうまく働きかける方法はあったとは思いますが、それは細部のことであって、「禁止」をできるかぎりさける方針というのは素晴らしいと思っています。)




  • kamiesu
  • 2011/07/17 00:51

約30年前の畝傍卒業生です。
今年は高校野球奈良大会での活躍、素晴らしかったですね。OBとして元気をもらった気がしました。
しかし、進学実績においては近年、奈良高校と大いなる差がついているのですね。(ビックリしました。西大和の開設の影響が大きいのかな?)
私は吉野の山奥の中学出身で奈良、畝傍に進むにしても下宿生活が前提での高校受験でした。先生からは両校とも合格する力はあるので、自分で受験校を決めなさいと言われ大いに悩んだのを思い出します。
結局、休みの日に実家に帰るのが便利な畝傍に決めました。
現状を知っても、畝傍に進学して良かったと思っています。
畝傍には地元に塾も無い田舎の人間もおり、高校に入学してから遅ればせながら猛勉強し、京大に現役で合格する生徒も少なく無かったです。
畝傍高校の先生には、橿原、高田、桜井辺りの進路担当の先生を訪問し、通学時間を有効活用するため畝傍を受験するよう営業努力をして貰いたいものです。

  • ドラマチック9
  • 2012/08/08 17:38

ドラマチック9さん
畝傍高校野球部、大変頑張りました。応援スタンドは、様々な年代の卒業生が集まり、さながら同窓会の様相を呈していたと聞きます。

私は奈良高校と畝傍高校の進学実績の差がついたのは、偏差値世代の子供が親になり、子供の進学先を考えるになったのが一番の原因だと思っています。少しでも、実績がいい、偏差値のよい学校に子供を入れたがるという意識がこのような差を生んだのだと思います。

>畝傍には地元に塾も無い田舎の人間もおり、高校に入学してから遅ればせながら猛勉強し、京大に現役で合格する生徒も少なく無かったです。

ここだけの話ですが、意識が低いとされる集団であっても、トップにいる子は、意識の高い集団に放り込まれても、最後にはきちんと追いつきトップ集団にいることが多かったりします。自分のいる場所で頑張っているというのは値打ちのあることなのですね。

>畝傍高校の先生には、橿原、高田、桜井辺りの進路担当の先生を訪問し、通学時間を有効活用するため畝傍を受験するよう営業努力をして貰いたいものです。

これは、畝傍高校が営業努力をするよりも、塾業界の方が偏差値至上主義、実績至上主義をやめ、その子の将来のことを多角的に考え、様々な例を示し、受験する学校を選んでもらうようにすることの方が先ですね。塾業界がちゃんとしないと駄目です。

  • kamiesu
  • 2012/08/09 12:12

我が娘は西大和併願で奈良高校に合格しました。西大和に行くべきか悩んで結局奈良高受験して今は又受験生です。
吹奏楽の力の入れ方で畝傍が嫌だと言いまして・・・自宅は葛城市ですので朝早くから通学してますがその電車での時間の使い方は本当に効率的です

  • nanako
  • 2012/09/09 01:26

nanakoさん
葛城市から奈良高校は本当に遠いですね。それでもお嬢さんが頑張れているのは、奈良高校が自分で一所懸命に考えて通うと決めた学校だからでしょう。西大和に併願で合格できるくらい中学時代に頑張った、その土台の学力の高さもお嬢さんを支えていることだと思います。電車での時間の使い方を効率的にするというのは本当に大変です。大人でもなかなかできることではありません。お嬢さんは本当に頑張り屋さんなのですね。今また受験生とのこと、お嬢さんが大学受験でも悔いのない努力と選択ができ、希望が叶うことを祈っております。コメントありがとうございました。

  • kamiesu
  • 2012/09/11 08:05

勉強になりました。^^)

  • 美香子
  • 2013/01/12 14:32

今年受験でした。
西大和が併願で受かったけれど畝傍を志望してます。
中学が教育大付属で、奈高が遠いのはよくわかってるので・・・・

  • みゅーちゃん
  • 2013/02/16 14:39

みゅーちゃんさん
中学の3年間の通学はなかなか大変だったようですね。畝傍高校はよい学校ですよ。頑張ってくださいね。

  • kamiesu
  • 2013/02/16 15:27

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2013/11/26 11:23

たいようさん
個人的なことも書いて下さってるので、いただいたコメントは非公開にさせていただきますね。

ご相談くださった件ですが、基本は本人が行きたいといったところに行かせてあげるのがよいと思いますが、少しばかり学校は遠いと思います。それでもどうしてもということでしたら、行かせてあげるしかないのですが、なぜその学校なのかということをじっくりと聞いてあげないといけないと思います。

また、書き込んでくださった点数でその学校に行けるかどうかということに関してですが、判断するには情報が少なく、一概には申し上げられません。(いいかげんなことは申し上げられませんので。)

もし、よろしかったら塾にお電話ください。具体的な数字をお聞きして、そこから分かることをお伝えいたします。勧誘等は一切行いませんので、安心してお電話くださいませ。

受験は、受験生も大変ですが、保護者の方も大変です。どうか最後までご本人様と一緒に頑張ってください。

  • kamiesu
  • 2013/11/26 20:23

管理者の承認待ちコメントです。

  • -
  • 2013/11/26 22:48

たいようさん
ブログを読んでいただきありがとうございます。光栄でございます。
お電話お待ちしております。ご遠慮などなさりませぬようお願いいたします。

  • kamiesu
  • 2013/11/27 17:26