今日生徒に言ったこと(30)



「勝つヤツっていうのは「やらなければならないこと」をきちんと決めて、そしてそれを絶対やりきってるんだ。目についたことだけやってたら駄目だ。」


過去問なんかをこなしていると、次から次に身につけ損ねた学力の「穴」が見つかる。それを一つひとつ丹念にやり直しをしたり、復習していかないと力がつかない。真面目な子ほどそれをきちんとやる。それは確かに大切なことであるのだが、ラストスパートの勉強は決してそれだけに振り回されてはならない。それをしてしまうと絶対に「後回しになってしまうこと」が出てきて「やり残し」が出てしまうしまうのである。

受験勉強はやるべきことを明確に、そして具体的にし、それを確実にこなした者の方が絶対に勝ちやすい。やるべきことを明確にしない者は流されてしまう。確かに流されたってやっていることは勉強なのだから、勉強していることで安心してしまいやすい。そこが落とし穴である。

目の前に見えた大切なことも、自分が必ずやると決意した計画も両方共妥協せずにやり切ってほしい。









コメント