少年探偵団

私の読書への目覚めは江戸川乱歩の少年探偵団シリーズだった。(怪人二十面相シリーズだったか?)

怪人二十面相、それと戦う明智小五郎と小林少年と少年探偵団のあのシリーズを片っ端から読みまくったのは小学校3年の終わりか、4年の初めだったと思う。

きっかけは学級文庫にあった一冊のそれだった。面白くて続けざまに学級文庫にある数冊を読んだ。その後、学校の図書室に行き、さらに数冊を読破。まだ他にもどこかにあるはずと、となりのクラスの学級文庫からも探し出し、何とか借りてきて、それも読了。市の図書館へも行くと、そこにはけっこう揃っていて、感激しつつ読み漁った。なかなかの行動力だ。そして最後にどうしても読めなかったやつを母親にねだって買ってもらった。

たしかあのシリーズは20巻までが子ども向けに書かれたもので、文章が敬体で書かれていたのだが、それ以降は大人向けになっていて、文体が常体になっていたと思う。大人向けのはとたんにおどろおどろしい感じがして入り込めなかったのを覚えている。

私が盛り上がっているのに影響を受けて、クラスの友達も盛り上がり出し、少年探偵団ブームが巻き起こった。そしていきつくところは一つ。自分達で少年探偵団を作ったのである。男の子の王道である。

私達はよい探偵になるため、訓練を重ねた。木登りや歩いているおっちゃんの尾行、何秒息が止められるかというところにまで訓練は及んだ。私達のポケットはいつも牛乳瓶の蓋でパンパンになっていたのは、誘拐されたとき、仲間が見つけてくれる目印となるよう、一定の時間に一枚その蓋を落とすためであった。

大久保君という友達の家が牛乳屋さんで、彼の家で、まだ牛乳瓶にはめ込まれる前の牛乳瓶の蓋を見せてもらったときは皆胸がときめいた。はめ込まれる前の蓋はエッジが曲がっておらず、新品のメンコのようにシュッとしていて、皆それにうっとりしていたのである。




さて、息子もどこからの影響か知らぬが「少年探偵団」を結成しているらしい。男の子ならば「愛と冒険と勇気」をテーマに育ってほしいもの。時期は違うものの、父も通ってきた道を息子が今辿る。親としてはとても嬉しい。

家内から聞いたが、息子は先日こんなことを言っていたらしい。



「〇〇くんのシールがはがされててん。かならず犯人を探し出さなあかんねん。

たぶん・・・ぼくは影法師のしわざやと思うねん・・・おそらく。」



〇〇くんのシールをはがしたのは誰なのか?そして「影法師」とは何者か?息子が影法師の仕業だと思った根拠は何なのか?

最近聞く話毎に私を楽しませてくれる息子。もしかしたら子どもというのはこのあたりの年齢が一番面白いのではないだろうか。息子は今が「旬」なのだ・・・おそらく。




コメント

先生の子供時代の懐かしいお話、
自分の子供の頃とリンクして面白かったです。

息子さん可愛いですね^^
でも今が「旬」だと思われる時期ははずっと続きますよ!
今後のご成長がとても楽しみです♪

  • ゆかこ
  • 2009/05/29 08:04

ゆかこさん

返信が遅くなってすみません。
「旬」は続きますかねえ。
しかしながら「旬」が過ぎたら、同じ趣味を持つように誘導しておけばずっと楽しいかもしれませんね(笑)

  • kamiesu
  • 2009/06/04 21:07