休日の若草山、そして息子の担任の先生のこと

昨日、朝は気持ちのいい天気だったのに、午後からは曇り。

せっかく若草山の頂上に(車で)行ったのに、変な天気だった。


R1001244
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro


R1001250
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

息子はシカせんべいを鹿に与えようとするが、あんまりたくさんの鹿が寄ってくるので、慌てて逃げ出したら、反対側にいる鹿に蹴られ、子鹿にせんべいをやろうとして母鹿に威嚇され、となかなかよい経験をした。


R1001256
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

↑鹿に蹴られた跡(鹿は前足で蹴る)


鹿の威嚇は、前足をまっすぐ持ち上げてタシンタシンと地面に振りおろすのだというのは初めて知った。

一所懸命威嚇していたけれど、あんまり怖くなかった(笑)

鹿の写真を見ると、どの鹿も薄汚いが、これは冬毛と夏毛の生えかわりの時期なので仕方がないのだ。




R1001271
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

持ってきた安物の双眼鏡で遠くを見る。

天気はよくなかったが、見晴らしのいい場所は本当に気持ちいい。


R1001249
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro

ここへ来たら、必ずこの樹の写真を撮る。

変な天気だったので、写真も何だか幻想的になった。


ところで、話は変わるが、息子の小1のときの担任の先生が仕事を休職され、海外青年協力隊でアフリカに行かれることになった。

私の息子は、忘れ物大王で、授業中でもいきなり突飛な話を始めてしまうような(昔の私にそっくりで驚く)子なのだが、そんな息子にも、先生は根気よく、丁寧に、厳しく指導してくださった。

実は、私は、先生のことを、先生が中学生の頃から知っており、大学時代もちょっとした接点があった。

だから息子の入学式で、彼女が息子の担任になると知ったときにはたいそう驚いた。

入学式の後のオリエンテーションでの堂々とした話しっぷりに驚き、そして、家内からの話を聞くたびに、本当に立派な先生になられたと思っていた。

そして今回の海外青年協力隊。

子供達は先生とのお別れに皆大泣きしていたのだそうだ。


よい先生との出会いは子供を成長させ、その可能性を広げる。

自分も生徒達にとって、そういう存在であれるように、謙虚に努力していきたい。

そして彼女のように、チャレンジ精神を持って頑張っていきたいと思う。

コメント

久しぶりに覗かせていただきましたら、また、いいお話ばかりでした! 息子さんの担任の先生、指導者として本当に優れたお方です。海外から戻ってこられた後にはひとまわりもふたまわりも大きくなって帰って来られるでしょう。

そして、教え子さんたちの進学校のすごいこと! びっくりしました。言いすぎかもしれませんが、中学校時代に勉強姿勢を培っておけば、高校以降の学習は(部活にあまりに入れ込んでしまわなければですが)実はそれほど難しいものではないと思います。

畝数講座も魅力的です。私も高校時代は、数学でとても苦労した方なので、こんな講座があれば、絶対に受講しました。生徒さん達がうらやましいです。

長々と失礼しました。見る度にやる気をもらえるブログです。また、コメントさせていただきます。

  • tachi-coma
  • 2010/04/20 08:07

tachi-komaさん

大人しい女の子がどんどん逞しくなり、知的に成長していく姿を見せてもらいました。小学校最初の一年をこのように安心して過ごせて息子も、私達両親も本当に幸せだったと思います。

彼らが中3になるときに私は退職しましたので、受験指導が最後までできなかったことが心残りだったのですが、皆真面目に一所懸命勉強してくれていたようです。tachi-komaさんの仰るように、中学時代に鍛えを入れておくのが、大学に一番楽に行く方法だと私は思っています。

文科省の定めたカリキュラムは中学と高校の連携がよくないですので、高校へ入ると苦労する子も少なくありません。特に中学の数学と高校の数学は別物ですから、少し補助をしてあげたいと始めた講座です。特に高校の入りっぱなの勉強をしっかりやってほしいと思っています。最初サボると後が大変ですから。

>長々と失礼しました。見る度にやる気をもらえるブログです。また、コメントさせていただきます。

ありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。


  • kamiesu
  • 2010/04/20 15:24

以前に何度かコメントしたものです。

昨春は長男、次男とも志望校に縁がありませんでした。
また長男は浪人を選び、私もなんとなく気の重い1年で、こちらに伺うこともありませんでした。
今春、長男が希望通り最高学府に合格し、ようやく私もリハビリを終え、再始動という感じです笑。

息子さんのよい担任の先生のお話にひかれ出てきました。
長男も先生に恵まれた子でした。小1の担任の先生が素晴らしい先生でした。
長男よりも私がとても信頼していたかもしれません。高校入学時に進学先がその先生の母校であったことを知り、驚いたり、納得したりした次第です。

また中2の時に塾で出会った英語の先生も忘れられない先生です。今でも長男は「僕が英語が得意科目なのは○○先生のおかげ」と言います。高校受験の前に「もう私のすべてを教えました、もう何も教えることはありません」と言われるほど鍛えられたのです。

やわらかい心と頭の子供たちにとり良い先生との出会いは何物にも代えがたい宝だと実感しました。

その点SORAで学んでいる皆さんは幸せですね。
ますますのご活躍をお祈りしています。












  • あっきー
  • 2010/04/30 19:23

あっきーさん


>長男も先生に恵まれた子でした。小1の担任の先生が素晴らしい先生でした。
長男よりも私がとても信頼していたかもしれません。高校入学時に進学先がその先生の母校であったことを知り、驚いたり、納得したりした次第です。

よい先生というのは子供達だけではなく、親御さんからの信頼も厚いものですね。親御さんが信頼してくださると、生徒の先生への信頼が深くなります。

>また中2の時に塾で出会った英語の先生も忘れられない先生です。今でも長男は「僕が英語が得意科目なのは○○先生のおかげ」と言います。

こういうセリフを言える子というのは「伸びる人」ですね。勉強に限らず、人生全般、成長していきやすいと思います。自分の子供もこのようなセリフが言える子になってほしいと思います。

>その点SORAで学んでいる皆さんは幸せですね。

ありがとうございます。今後ともよろしくお願いいたします。










  • kamiesu
  • 2010/05/07 18:34