生還

久しぶりの更新になるが、実は2月8日から昨日まで県立医大病院に緊急入院していた。

2月8日の朝、起きたら息苦しかったので、東大寺学園と帝塚山高校の発表に行った後、夕方、医者に行った。

「あ〜、こりゃいかん。緊急入院です。これは二週間から三週間くらいやな。」

先生がエコー診断をしながらこう仰った。

「いや、僕は塾をやっていて、二週間も入院なんてできないんですけれど…」

と私が言うと、

「あなたね、明日にも死にますよ。」

と、先生は少し語気を強めて仰った。

私は塾に連絡をし、二週間ほど帰れないということを伝え、指示を出し、どうやら万が一のことだってあるかもしれないということもつけくわえた。

クリニックには救急車が呼ばれ、そこから奈良県立医大病院へ直行。

私は何度か救急車に乗ったことはある。

それはすべて尿路結石で、この病気は大の男が激痛で叫び声を上げるほどのものだが、命に別状はまったくない。

だから、こちらの緊迫感ほどには救急隊員の方は力を入れてくれない感じで、いたって冷静で若干冷ややかなくらいに見えたものだった。

が、今回は違う。

やたらと救急隊員の方は緊迫感で満ちている。

本人はちょっと息苦しい程度なのに、隊員の方の緊張感が尿路結石のときとはまったく違う。

事の重大さが段々と分かってくる。

病院に着くと、集中治療室(ICU)直行。

酸素マスク、左腕には点滴二本、右手には酸素飽和度計。

そして極めつけは尿道のカテーテル。

つまりそれはトイレにも行かせてもらえないということ意味する。



続く



P2130342.JPG
OLYMPUS XZ−1 入院してから食事が食べられるまで50時間以上かかった。





(塾生や保護者の皆さまにはご心配をおかけいたしました。無事生還いたしました。)




朝一番

 週明けの月曜日から私立高校の入試が始まる。

今日中3は朝から夕方まで勉強会。

先生は質問を受けるために待機。

最後まで自分の力を伸ばすことを諦めず、しっかりと仕上げてほしい。



家を出ようと玄関を開けたら、雪がうっすら積もっていた。

朝一番に家を飛び出していたのは息子と犬だったようだ。




P2040232.JPG
OLYMPUS XZ-1

職場体験

 昨日、馴染みの中華屋で遅めの昼食を取ろうと入ったら、ジャージ姿の中学生が二人厨房で仕事をしていた。

ははあ、とピンときて、注文のときに、目配せをしながら「職場体験というやつですね」というと、そうなのよと、おかみさんはにっこり笑った。

店の近くにある中学校のジャージだ。

中学生のこととなると、どうしても気になってしまう。

待っている間、観察していると、この二人なかなかよく働く。

ちょっと感心。


R3002861.jpg
GR DIGITAL3  (写真はイメージ写真です。違う店のお料理です。)


店のオヤジさんはけっこう二人をこき使う。

非難して言っているのではない。

この職場体験というやつ、中学生をお客さん扱いする、あるいは役に立たないので厄介者扱いして、あまり仕事をさせていない職場も多い。

しかたなしに受け入れましたよという感じがありありと伝わってくる。

これではあまり体験したことにならない。

その点、店のオヤジさんは凄い。

倉庫へモノを取りに行かせる、客に料理を運ばせる、皿を下げさせる、麻婆豆腐の豆腐は切らせる、掃除させるなどなど、正しく職場体験させていた。

テーブル席には5〜6人の団体さんがいて、店に初めて来た客らしいが、その客が九州の出身だと話から、親父さんと話が盛り上がり出した。

「わたしらのねえ、若い頃はホンマ、九州出身のヤツが一番怖かったねえ。血の気が盛んで・・・」

そんな話から親父さんが自分の若い頃の話を始める。

「そんなもんねえ、あの頃は学がなかったら、もう料理作るか、道掘るか、そんなんしかなかったらかねえ。えらい苦労しましたわ。いじめられてねえ・・・この店構えて41年ですわ。最初の頃は他所者や言うて冷たされてねえ。もう今はそんなことないですけどね。」

ふと見ると、職場体験の二人は小さな座敷の席に座っている。

親父さんが声を掛ける。

「おい、兄ちゃんら、何にする?」

賄い(食事)の時間なのだ。

兄ちゃんらはさっさと注文をすればよいものをけっこう考えている。(おい、空気をちょっとくらいは読まんかいなをこちらが心配になる。)

「僕、トンカツ定食で。」

「僕は◯◯と麻婆丼」(◯◯は失念。心の中で二つも食うんかいとびっくり)

親父さんはあいよと言って作り出す(私はよかったと胸をなで下ろす(笑))

「おい、◯◯君は餃子焼け。◇◇君は自分で豆腐切れ。」

自分達で食べさせる分はできるだけ自分達で作らせるのか。

言われた二人は、ハイっと言ってすぐに動き出す。(親父さんはなかなか教育者だ)

親父さんやるねえと思っていたら、親父さんが私に声をかけてきた。

「職場体験いうやつですわ。あきません。この子らなんも知りません。頭にきますわ。」

そう言いながらも、親父さんは笑う。

「いや、この子らしっかりした方ですよ、中学生にしたら。大したもんです。」

私がそう言うと、親父さんはにっこり笑って言う。

「そうですやろ、先生はやっぱり分からはりますか。さすがですなあ」

子供を子供扱いしたり、お客さん扱いしていると、彼らはいつまで立っても成長しない。

親父さんのこき使い方に教育の在り方についても考えてしまった。

親父さんの話に「昔の若者」を思い、厨房にいる「今の若者」を眺めつつ、私は注文したちゃんぽんをすすった。

親父さん、話に夢中になってたせいか、ちゃんぽんのスープがいつもより少なめだったのが可笑しかった。





大神神社

 この時期の大神神社はとても気持ちがいい。


R1001524.JPG
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro





R1001534.JPG
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro






R1001556.JPG
GXR+GR Lens A12 50mm F2.5 Macro








いいもの見つけた

 今日文房具屋でいいものを見つけた。


R3002991.JPG
GR Digital 3


センター試験対策ノート。

これがなかなかよくできている。



R3002988.JPG
GR Digital 3


中はこうなっていて、センターの過去問や、センター形式の問題をやるのに非常に便利で使いやすくなっている。



R3002990.JPG
GR Digital 3


使い方もきちんと書いてくれている。

解答用紙がないときもこれがあれば非常に便利で手間取らない。

何より一箇所に解いた記録がきちんと残っているのがいい。

解答用紙がついていたとしても、こっちを使ってもいいくらいだ。

(マークの練習とかそういうことになるとまた別の話ではあるが)



R3002989.JPG
GR Digital 3


日付も時間も記録しやすくなっている。



R3002980.JPG
GR Digital 3


中学生向けにいいのはないかいなと探していたら、こういうのもあった。

こっちもいい。

もしかしたらこっちの方がいいかもしれない。



R3002982.JPG
GR Digital 3


マス目になっていて、字数制限のある問題なんかがとても書きやすい(解きやすい)。



R3002985.JPG
GR Digital 3


正方形のマスがあるということはこうやってグラフなんかも書きやすいということである。



R3002983.JPG
GR Digital 3


大問ごとの小計も書けるようになっている。

至れり尽くせり。


R3002986.JPG
GR Digital 3



これが一冊100円!

安すぎ、と思ってネットで大量注文しようと調べたら、最安値でも200円前後した(笑)

まあそれが当たり前だろう。

私が買った店では仕入れたもののあまり売れないから、在庫処分していたのだろうか。

調べてみると、どうやら今年の夏くらいに売りだした商品らしい。



真面目な女子なんかはこんなノートを使わなくても、しっかりきちんと整理しながら上手くやるからあまり差はないかもしれないが、ズボラな子や雑な子はかなり恩恵があるだろう。

こういうノートだと彼らもやりやすい。

彼らの弱点をサポートしてくれる。

何より気分が盛り上がるし、記録が時系列で残るのがいい。



これから過去問を解いていくシーズンなので、一括で購入して生徒達に持たせるのもいいかもしれない。




人も街も変わっていく

 
奈良の猿沢池の周辺は子供の頃からの遊び場だった。


SDIM0246.jpg
SIGMA DP2x


今は猿沢池にこんな舟を浮かべるイベントがあるようで思わずシャッターを切った。

色んなところで色んな努力をしているようで、この界隈はなかなか楽しそうな感じになってる。

街が変わっていくのは少し寂しいけれど、廃れていく寂しさにくらべればずっといい。



新規開店のラーメン屋へ行く

 SORAスタッフお気に入りの丸源ラーメンが橿原市にできるということで開店日の昨日、男性スタッフで行ってきた。

いままでは奈良市の朱雀門の近くまで行かなければならなかったので、この新規開店は非常に嬉しい。



R3002872.jpg
GR Digital 3


新規店舗の一番客を狙って開店20分前くらいに行ったが、台風も近づいているというのに、2組程先客がいた。(残念)



R3002877.jpg
GR Digital 3



丸源ラーメンと言えば、肉そば。

これが美味い。

醤油味のスープに、具はスープでしっかり煮込んだ豚肉のスライスと玉ねぎ。

一番のアクセントはゆず風味の紅葉おろしが乗っていること。

これが美味い。

R3002882.jpg
GR Digital 3


もう美味すぎ。



R3002875.jpg
GR Digital 3


丸源はいろいろラーメンにかけたり、乗せたりする用の調味料がある。



R3002884.jpg
GR Digital 3



私は「野沢菜ジャン」を乗せる。




人気店らしく、私達が入店したときは駐車場がこんな感じだったのに、



R3002878.jpg
GR Digital 3


あっという間にいっぱいになった。

新規開店で各地から集まったスタッフの多くのクルマが停まっていたが、お客さんが駐車できなくなってはいけないと、急いでクルマを移動していた。

こういうチェーン店の新規開店はテレビのドキュメントを見ているみたいでちょっとドキドキする。

台風で客足が心配だっただろうが、よく入っていたと思う。

店長はホッとしたのではないだろうか。



R3002885.jpg
GR Digital 3


ただ、丸源は「肉そば」は美味いが、ラーメン以外のメニューがイマイチだ。

ここは今後の改善が必要だと思う。



入店第1号を逃した我々は注文第1号を狙ったが、オーダーを取りに来た女性が運の悪いことに新規開店スタッフ。

慣れてなくて、向こうのテーブルの客に先を越され、注文第2号になってしまった。

せめて、「お金を支払った第1号」に何とかなろうと、ラーメンを急いで食べたが、これも逃した。

何をやってんだかという感じであるが、食べながら「ランチミーティング」もできたのでよしとしよう。





丸源の肉そば、こってり好きもあっさり好きも満足させる味です。

未体験の方はぜひ行ってみてくださいね。