全員合格

本日、奈良県の公立高校入試の合格発表が行われた。

進学塾SORAの生徒は全員合格を果たした。本日の結果だけでなく、公立の特色選抜入試を除くと、私立、公立ともに「全勝」で入試を終えることができた。こんなに嬉しいことはない。

この中3生は進学塾SORAの第一期生である。受験学年の大切な一年を、できたばかりの小さな塾を信頼し、通ってくれた子達である。私達の責任は重い。絶対に伸ばさなければならない。普段はゆったり構えて居そうに見える私であるが、このプレッシャーは大きかった。

本格的に長い英文を読んだことがない子がほとんどだった。社会なんてからきし勉強ができていなかった。正直言うと呆然とした。プレッシャーがさらに大きくなった。何せ9ヶ月で、全教科全単元を勉強していかなければならないのである。

しかしながら、集ってくれた子達は皆いい子ばかりだった。それが一筋の光だった。聞き分けもよかったし、勉強に対する姿勢も素晴らしかった。言われたことをやろうとする気持ちに満ちた子が多かった。「これならいけるかもしれない」そんな気持ちが日に日に大きくなっていった。

夏休みのことである。自習中夕立の後、大きな雷が落ち、塾を含め、近辺が停電になった。信号まで消え、警官が出動し、手信号で交差点の誘導を行っていた。そんな最中、彼らの教室へ行ってみると、彼らは薄暗い中黙々と勉強を続けていた。取り外しのできる自転車のライトや、携帯電話のディスプレイの明かりで勉強している子もいた。これには本当にたまげた。そんな子達見たことがない。伸びていく子達に共通する「凄み」を感じた。

彼らの成績が結果となり始めたのは、2学期の模試や定期テストである。五ツ木の平均偏差値が60を越え、定期試験の平均点は430点を超えた。教室はいつもしんと静まりかえり、鉛筆を走らせる音だけが聞こえてくるような迫力があり、凄みはさらに増していたと思う。

私は生徒達の学力を伸ばすには「場」作りが不可欠だと思っている。それは『教室の教育力』という言葉で何度もブログで書いてきた。「わかりやすい授業」よりも「あらゆる問題を網羅したテキスト」よりも「場」こそが大切だと私は思っている。まさにこのクラスにはどこのどんな教室にも負けないといっていいくらいの『教育力』があった。自分の考えが間違っていないことをこの中3生が証明してくれた。

どんなに努力しても「合格」が確率100%になることはない。「勝負」はいつも「僅差」であることが常だ。不合格だった子が学力が低かったわけではない。だから、「全員合格」という「結果」は、「幸運」なことであったと思う。しかしその「幸運」をひきつけるだけのエネルギーが彼らにはあったということだ。

合格おめでとう。君達に出会えた「奇跡」を私は神様に感謝しなければならない。君たちのことは一生忘れない。本当に進学塾SORAに通ってくれてありがとう。



進学塾SORA第一期卒業生7名
奈良高校、奈良北高校、郡山高校(2名)、畝傍高校、桜井高校、高田高校合格

本当におめでとう。


『教育技術』について

赤虎塾長先生のブログで取り上げていただいた。

私はこういう『教育技術』に関して考えること、そしてそれを磨き上げることが大好きだ。「指導者の責任」として修行しているというより、それを磨くのが好きだからやっているという部分の方が大きいと思う。好きなのでいくら研究しても、修行しても苦にならないというのは、有難いことだと思っている。

「教務力」というのは、教師が持っている「学力」とイコールではない。自分が「分かっていること」を伝達し、理解させ、身につけさせるには、「学力」とは別のスキルが必要だ。「知っていること」と「教えること」は別のことなのである。

赤虎塾長先生のこのブログと、その3つ後の『授業の基本と「行動提起」』なんて読ませていただくと、先生が「教育技術」に関して勉強をし、尚且つ私と同種でそういうことを考えていくことがお好きなのではないかと推察してしまう。もうタイトルからしてそれっぽい。

こういう日記を読ませていただくと同志を得たようで、何だかとても嬉しい。私ももっともっとこういう日記を書いていきたい。

ところで、あまりに私と狙うところが一致するのですが、先生のルーツは何ですか?向山洋一氏あたりの著書などを貪るように読破されたということはありませんか?(笑)

これからもよろしくお願いします。

学生スタッフ

塾に学生アルバイトのスタッフを入れようと考えている。

この春に大学に入学する子がいい。

私達の授業をいっぱい見せて、勉強させたい。

私の仕事を手伝わせたり、生徒の質問を聞いたりさせたい。

授業はすぐには担当させない。

本人にセンスがあって、いい感じなら、何ヶ月も研修をしてから、授業をさせるかもしれない。

授業をしないスタッフがいてもいい。

それくらいゆっくり育てたい。

若いスタッフがいるのはとてもいいことだと思う。

生徒は若い先生が大好きだ。

品があって爽やかな人がいいと思う。

生徒がちょっと元気がないときにさりげなく声をかけることができるような子がいい。

生徒に嫌われるのを恐れずに、きっぱりと厳しく叱ることができるような子がいい。

優秀な学生の若い才能を何年か私たちに貸してもらって、我が塾の教育をもっと充実させたいと思う。



Tears

今日は朝から入試応援。

我が塾の生徒の激励をすませ・・・その後・・・

とても焦ったことが起こりました。

どうしようかと思いました。

詳しくは書けませんが。


ただ、

ご心配は要りません。

実はとても教師冥利につきることだったのです。


翼を広げて

中3の最後の授業が終わった。

もう俺達にできることは祈ることくらいしかない。

受験学年なのに、できたばかりの進学塾SORAを信じて、選んでくれた子達。

進学塾SORAの一期生。

かわいくて仕方がない我が教え子。

短い期間だったけれど、精一杯鍛えてきた。

どんな塾にも負けない凄い先生ばかりが君達を鍛えた。

皆見違えるように逞しく成長した。

だから自信を持って、その翼を広げて飛び立とう。


君達が全力を尽くせますように。





進学塾SORAを選んでくれてありがとう。