それは気になる

息子が紙芝居を作っていた。

タイトルは『だれがおうさまになるもの』とあった。

多分『誰が王様になる者か?』みたいな意味なのだろう。

表紙には王冠が一つ真ん中に描いてあり、王冠の中央にはシンボルマークに「?」が描いてあった。

なかなかいい(笑)



そして物語はこのような書き出しから始まる。

F1000124.jpg


悪くない書き出しだ。

早く続きが読みたい(笑)


少年探偵団

私の読書への目覚めは江戸川乱歩の少年探偵団シリーズだった。(怪人二十面相シリーズだったか?)

怪人二十面相、それと戦う明智小五郎と小林少年と少年探偵団のあのシリーズを片っ端から読みまくったのは小学校3年の終わりか、4年の初めだったと思う。

きっかけは学級文庫にあった一冊のそれだった。面白くて続けざまに学級文庫にある数冊を読んだ。その後、学校の図書室に行き、さらに数冊を読破。まだ他にもどこかにあるはずと、となりのクラスの学級文庫からも探し出し、何とか借りてきて、それも読了。市の図書館へも行くと、そこにはけっこう揃っていて、感激しつつ読み漁った。なかなかの行動力だ。そして最後にどうしても読めなかったやつを母親にねだって買ってもらった。

たしかあのシリーズは20巻までが子ども向けに書かれたもので、文章が敬体で書かれていたのだが、それ以降は大人向けになっていて、文体が常体になっていたと思う。大人向けのはとたんにおどろおどろしい感じがして入り込めなかったのを覚えている。

私が盛り上がっているのに影響を受けて、クラスの友達も盛り上がり出し、少年探偵団ブームが巻き起こった。そしていきつくところは一つ。自分達で少年探偵団を作ったのである。男の子の王道である。

私達はよい探偵になるため、訓練を重ねた。木登りや歩いているおっちゃんの尾行、何秒息が止められるかというところにまで訓練は及んだ。私達のポケットはいつも牛乳瓶の蓋でパンパンになっていたのは、誘拐されたとき、仲間が見つけてくれる目印となるよう、一定の時間に一枚その蓋を落とすためであった。

大久保君という友達の家が牛乳屋さんで、彼の家で、まだ牛乳瓶にはめ込まれる前の牛乳瓶の蓋を見せてもらったときは皆胸がときめいた。はめ込まれる前の蓋はエッジが曲がっておらず、新品のメンコのようにシュッとしていて、皆それにうっとりしていたのである。




さて、息子もどこからの影響か知らぬが「少年探偵団」を結成しているらしい。男の子ならば「愛と冒険と勇気」をテーマに育ってほしいもの。時期は違うものの、父も通ってきた道を息子が今辿る。親としてはとても嬉しい。

家内から聞いたが、息子は先日こんなことを言っていたらしい。



「〇〇くんのシールがはがされててん。かならず犯人を探し出さなあかんねん。

たぶん・・・ぼくは影法師のしわざやと思うねん・・・おそらく。」



〇〇くんのシールをはがしたのは誰なのか?そして「影法師」とは何者か?息子が影法師の仕業だと思った根拠は何なのか?

最近聞く話毎に私を楽しませてくれる息子。もしかしたら子どもというのはこのあたりの年齢が一番面白いのではないだろうか。息子は今が「旬」なのだ・・・おそらく。




欲を出す大人と素の子ども

レコーダーを買った理由のもう一つに息子との「セッション」を録音しておきたかったということがある。

私がギターを弾いて息子が玩具のキーボードを弾くのである。

楽譜もない(というより見ても息子は弾けない)状態で一緒に演奏をする。

「ドから初めてよさそうなところでドに戻るんだよ」

「悲しい伴奏のときはラから始めて適当なところでラに戻るんだよ」

この二つだけ教えて一緒に演奏して遊んでいるのである。

音楽教育などではなく、ただの遊びであるがそれなりにいい効果はあるだろう。

やっているうちに何かしら形になっていく。

段々音楽になっていくのである。

人は飽きたら放り出すか、工夫をし出すものである。

息子は息子なりに工夫をし始める。

4分音符だけではよくないと、途中8分音符を入れたり、鍵盤を左から指一本で滑らせ、何やらそれらしいことをやりだす。

それが見ていて面白い。

時折偶然にとても切ない音を弾く。

Amのキーで「シ」の音がやたらと切なく響く。

家内と二人で大笑いをする。

そういうのを録音しておきたいと思ったのだ。



ブラックバード

(調子に乗ってまたアップしてみる。これは私だけ。きっと歌詞が一番と二番でごっちゃになっていると思われる)



日に日に大きくなっていく息子の今日の感性や面白さは明日には無くなっているかもしれないのだ。

明日には明日の感性や面白さがあるのかもしれないが、消えゆく感性を記録しておきたい。


R0012202
GR Digital

息子は今「マンガ」を書くのにハマッているらしい。

家内が言うにはテレビの「毎日かあさん」の影響なのだそうだ。

「しめきりがあんねん」とか「本にするねん」を息巻いている。

せかいはおわりらしい。


R0012203
GR Digital

「なにしにきた」

「それがどうした」

まったく会話になっていないがインパクトはある(笑)

UFOは敵か味方か?

敵が二つ出てきて話がとっちらかっているのではないか?

写真には載せていないが、この後敵同士が戦い出す(笑)

息子の幼稚園の絵の先生は酒井式などの大人の介入をとても嫌う先生だったらしいので、息子は素のままで描いている。

上手く聞かせようとどうしても欲が出てくる中年のギター演奏より、子どもの「素」はずっとインパクトがあり面白い。

やはり記録しておかないともったいないのである。




記憶のシャッター

日曜日、京都に行った後、家内の実家の近くの公園に息子と一緒にいった。家内とデートで行ったころとは大きく様変わりしていてとても美しい公園になっていた。ちょっと人工的だったけれど、人が遊ぶにはこんなふうなのがいいのだろう。

トイデジでは広い公園で遊ぶ息子の写真が取れないので、D700に望遠をつけて試し撮りをする。(運動会の予行演習みたいなものか)


遊具に飽きた息子は広い芝生の上を走り出す。ここぞとばかりに(カメラで)追いかける。





DSC_0939
D700






ちょっとカメラから離れているうちに技術は進む。レンズの手振れ補正装置が恐ろしく効くのである。写真がぶれない。息子にビタッとピントが追従する。







DSC_1070
D700





もうブンブンに走り出す。子どもの体力は凄いものだ。






DSC_1075
D700





普段息子とは仕事の関係上すれちがいの生活を送っている。久しぶりにずっと一緒に過ごす一日を送ると色々な発見がある。




この日はレンズ越しにあることに気づいた。










息子はもう少年になりつつあるのだ!











ほんの半年前の幼稚園の運動会とはまるで違う走り方。








今、目の前で走っているように、ぐんぐん加速をつけて彼は日々変化していく。




嬉しいような寂しいような不思議な気持ちになった。




DSC_1117
D700





ふと見せる表情や仕草が段々少年のそれになっていく。それは彼の内面の成長を表しているのか。









それにしてもカメラを買っておいてよかった。

私は記録のシャッターと記憶のシャッターを押すことができた。

気障な言い方だが本当にそう思っている。




父と息子とトイカメラ

今年もGWに家内が吹奏楽部のOBとして母校の定期演奏会に賛助出演するので、休みごとに車にウッドベースを積んで大阪まで通っている。

家内が練習している間、私は息子とドライブやら何やらして過ごしている。

今日は京都に行った。

京都の街を一眼レフを持って歩くのはさすがにしんどいのでトイカメラをひょいとポケットに入れて歩く。

今日はとても天気がよくて気持ちがよかった。

心身を洗っているような気持ちのよさ。


IMG_0021
Vista Quest

このカメラはこういうものを撮るとぐっとくる。

IMG_0019
Vista Quest

IMG_0022
Vista Quest

外国の方がカメラを向けまくっていました(笑)

IMG_0026
Vista Quest

鴨川。

IMG_0049
Vista Quest

IMG_0031
Vista Quest

河原町ではジャグリングをやっていました。

一番前でかぶりつきで見る(笑)

IMG_0067
Vista Quest

IMG_0057
Vista Quest

IMG_0063
Vista Quest


入学式

今日は息子の入学式でした。


RIMG2131
RICOH R8 今日の桜





息子の卒園についてもまだ書きたいことがあるのに日が経つのが早すぎてもう入学式。





RIMG2087
RICOH R8



すこしずつしっかり自分の足で歩みを進めていく。




RIMG2124
RICOH R8







息子の春休み

R0012056

R0012058
GR Digital
大阪梅田のポケモンセンターで何を買うか物色する。目が真剣。

R0012061
GR Digital 
ポケモンセンターの後、大丸梅田店のレストランにて。ただでさえ腹ペコだったのに注文したものが来るのが遅くて完全にガス欠状態。

R0012064
GR Digital
グラグラしていた乳歯を私が糸で結わえて抜歯。あっさり抜けた。これで窮屈だった下の前歯二本の居場所ができたかな。玄関にある鏡で様子を確認する。ちょっと出血するも彼は泣かない。が、その表情が彼の不安を表している。玄関が散らかり放題(笑)