「そのミスは俺のせいだ」

次の各組の文がほぼ同じ意味になるように、(    )に適する語を書きなさい。
This hat is so small that I cannot wear it.
This hat is ( ) small ( ) me to wear.


この問題は難しくない。よく見る問題である。どうということはない。どうということはないのだけれど、この問題は結構誤答が出てしまう。

何故か?

力量ある先生ならばきっとピンとこられるのではないかと思う。(分からない方はちょっと考えてみてください。)

何故、誤答が出てしまうのかというと、これの答えを、( too )( to )としてしまう子が後を絶たないからである。しかもこれが結構少なくなかったりする。(念のために言っておくと答えは( too )( for )である。)

こういうのは、本人のうっかりミスということになっていて、それは生徒自身の責任ということになっている。先生は「うっかりミスは駄目だぞ〜」なんて言いながら、軽く見ていることも少なくない。

でも、この手のミスは大きな問題をはらんでいる。先生の指導のせいで、こういうミスが頻発するようになっている場合も多いのである。

どういう指導をすると、こういうミスが出やすくなるのか。

「先生が大量の宿題を与え続ける」とクラス全体にこういうミスが出やすくなるのである。「大量課題」というのはとても難しい。軽く考え、安易に出してはいけないと私は思っている。

生徒は、大量の課題をこなさなければならないために、いちいち問題をじっくり読んでいるわけにはいかなくなる。そうして反射的に解答するクセがついてしまうのである。(人は自然と楽をしようとするものだ。×の不快より、課題をじっくりこなす苦しみと手間の不快が上回るのだ。)

「あっso that (の構文)だ。cannotがあるから、too to (の構文)だ」

と、問題文をろくすっぽ読みもせずにやってしまう。

先生が大量の課題を与え続けておいて、それで同時に「うっかりミス」を失くせと言う。口で言うだけでは指導者としてよい仕事をしているとは言えない。

「うっかりミスはいけないぞと何度も口酸っぱく言ってるんですがね〜」

ゆめゆめ先生はこういうセリフで指導したつもりになってはならない。そんなのはプロではない(と私は思う)。うっかりミスを失くすためには、失くさせるためのアプローチが必要なのである。そういう手が打ててこそ「プロ」である。

その「手法」は色々あるが、ここには書かない。大量に課題を出し続けることは、こういう問題を孕みやすいということを分かってさえいれば、指導の際に気をつけるべきことはおのずと見えてくるからである。

大量の課題をやらせることが必要な時期はもちろんある。「量」をこなすことは高い学力をつけるためには必要不可欠である。しかしながら、「たくさんやらせりゃいい」ってもんでもないということに気づけないと、愛する教え子の点数は伸び悩んでしまうことになる。

気づけるのは「そのミスは俺のせいなんだ」と思うことができる指導者だけである。


自習室には入らない

猫ギター先生が自習室について書いておられるので私も。

私は基本的に自習室に入らないことにしている。もちろん用事があるときや、生徒の勉強の進み具合を確認するために入室することはあるが、いわゆる「自習監督」のようなことはやらない。それは私のポリシーであり、私の教育手法である。

自習室に見張りの先生を立てたり、時間管理、つまり先生が入室して「はい、じゃあ勉強始めなさい」なんてことをしてしまうと、子どもは、先生が行かない限り勉強を始めなくなってしまう。管理をされると、管理されないと行動をしなくなるのである。

私は生徒達に時間を守らせたい。守れるように鍛えたい。塾で時間も守れない子が、家で決めた時間に勉強を始めることなど絶対にできないと思う。そしてまた家には見張りをしてくれる先生はいない。塾で見張りの先生がいないと勉強しない子が家で黙々と勉強を続けることができるであろうか。

私はかつて、「見張りの先生がいなくても生徒達が黙々と集中して勉強し、休憩時間が終われば、誰に言われることなく席につき、勉強を始める自習室」が作りたいと思った。どうすればそういう空間が作れるかとあれやこれや思い、実践を重ねた。そしておおよそそれは作れるようになった。(そんなに時間はかからなかったけれど)

だから、私の塾では自習室で先生が見張りをしていることはない。けれども、かつて、「生徒に自習をさせるなら先生は自習室にいるべきだ」とか「自習室で居眠りしている子がでたらどうするんですか。その子の時間は無駄になりますよね」などと批判されることもあった。

先生が自習室にいるべきだというのは、ただの「べき論」なので、そう言われると何とも困ったが、居眠りの子云々の批判については、「誰一人として先生が行くまで勉強しないクラスと、時間になったら黙々と自分の意思で勉強を始めるクラスとどっちが優秀やねん」と思っていた。

ちなみに居眠りであるが、居眠りする子は放っておいても、1時間は寝ていたりはしないものだ。たいてい20分くらいである。私も勉強の進行具合を確認しにいくのであまり長いこと寝ている場合には起こしてやる。(うまい起こし方の方法というのもある)

私は何も自己満足で「先生がいなくても勉強できる生徒」を作ろうというのではない。「先生がいなくても時間を守り、勉強できる自習室」にいて、実際に自分がそうしていると、生徒達は「自分を律している心地よさ」を味わっているのである。心の奥底に「自分を律すること」を刻み込んでいるのである。ここが一番のポイントだ。

「俺すげー。先生がいなくても時間を守って勉強してるもんね」という心地よさを繰り返し繰り返し味わう。それが当たり前だという感覚を身につける。それが習慣になれば、家でもやがて自分を律して勉強できるようになりやすい。それが本当の狙いだ。

自習室に先生がいると安心するという子もいるだろう。先生が自習室にいるのは何も見張りばかりではない。先生がいなくてもやれるのならば、先生が一緒にいることはまた別の意味を持つ。

管理をすると、管理されないとできない子を作りやすい。その危険性さえ分かっていれば「手法」は様々である。教育は多様性を持つものなのだ。私も、私が仕事をしている横で生徒が黙々と勉強する、そんな空間を作ってみたいと思う。



ところで、「先生がいなくても勝手に生徒が時間を守って勉強する自習室の作り方」についてはどこかで書いてみたい。







どちらを先に?

What time is it?

What time do you get up every day?

私は後者を先に教えます。

ルネサンス

中間試験直前、あるいは真っ只中の今日は全クラス自習となっている。教室はページをめくる音、鉛筆を走らせる音しか聞こえない。生徒達の集中力は高く、こちらも安心してみていられる。

集中力は中3が最も高く、次いで中2、中1の順だ。ここへきて中2の成長著しく、「おりこうさん」が多い中1よりもいい集中をしている。ひと安心だ。

今日は私も国社数理英の5教科の質問だけでなく、美術の質問までをこなしながら時間を過ごしている。ところで、中3美術の試験範囲は「ルネサンス」。教科書の「ルネサンス」の解説は分かりにくい。「人間が人間と自然に目覚めた」。これでは何のことかわからない。「神から解放された」の方がまだましだろう。

ルネサンスで人が神から解放されたように、教師も既存の教育手法から一旦解放されなければならない。一旦解放された上で、古き中に存在する「正しいもの」や「よいもの」を改めて手にし、「よくないもの」「色あせたもの」を捨て去るべきだ。そして何より「新しいもの」を創造する気概を持たなければならない。

昨日書いた「問題集の解答を渡さない」という教師の行為はまさにそうで、真っ先に「捨て去るべきもの」であり、それができないのは「怠惰」ゆえか、「解放」されてないかのどちらかだと思う。

教師よ、教育ルネサンスの気概を!

なんてね。



疑問詞を用いた疑問文を使った問題を疑問視する

赤虎先生を始め、ロカビリー先生、ごうまじまじ先生が書いておられる、「疑問詞を用いた疑問文」の指導法についてですが、もう私が出て、書くことがありません(笑)書かないでおこうかと思ったのですが、赤虎先生が誘ってくださるものですから(笑)書かせていただきます。

私も「下線部を問う疑問文を作りなさい。」は酷いなと昔から思っていました。これを初見で解ける生徒はいるのでしょうか。問題が難しいとか易しいとかの問題ではなく、日本語が変です。

He has a pen in his hand.

下線部を問う疑問文を作りなさい。
下線部が答えの中心になる疑問文を作りなさい。


どちらの問い方にしても初見の中1生には頭の中に数多くのクエスチョンマークが浮かんでくることでしょう。ですので、私はこの奇妙な問いの文の解説に時間をかけ、彼らの頭に浮かんだ数多くの???を解消することから始めます。

「これは日本語がかなり変ですので、この問題が出たら頭の中で変換してください。つまりは『どんな文で問えば、この文が答えの文になりますか、ただし答えの文は下線部のところだけをぶっきらぼうに言ったとしても成り立つようにしておいてね。』ということです。」

どう説明しても一発では理解してもらえないので、同じ説明を数回言った後、具体例を示しあれやこれや言わねばなりません。ここはけっこう時間がかかります。

それと、ロカビリー先生が書いておられる、疑問詞を使った疑問文の英問英答の問題ですが、先生の仰るように、「答え」が分かっていても「答え方」が分からない生徒は多いものです。私は「Qの文とAの文は同じ文」と生徒に繰り返し言います。つまりSとVは変わらないという部分を繰り返し言います。(Iとyouが入れ替わりますが、指している人物は同じなのでSは「変わらない」と言えます。こういう指導は「話法」の指導などに活きてきます。)

名詞は代名詞に置き換えること、副詞句はできるだけ省略することなども練習の中で確かめさせます。英問英答の問題は公立高校の入試では頻出ですので、早い時期からしっかり教えておかなければなりません。

よくよく考えれば、「問い」に対して答えることはコミュニケーションの初歩です。ツールとしての英語を考えても、これはできなければならないことですので、英問英答の問題が公立高校の入試で頻出だというのもそれはそれで卓見だと思います。

それにしても「下線部を問う疑問文にしなさい」はあんまりです。私はこの仕事を始めたころからこの問いの文を疑問視しています。




まだまだだけど希望が見えてきたぞ

中3の英語、希望が見えてきた。もちろんまだまだ課題は山積だが、ここへきて、解答できる問題が増えてきた。ちょっとほっとしている。単元別の文法解説、あるいは演習も大切だが、そこに出題形式別(つまり単元がバラバラ)の問題を平行して学習させるとポイントが見えやすく、覚えないといけないことが把握しやすいようだ。

長文問題に関しては、今のところ問題演習をしながら、「前から訳」をさせているのと「単語の勉強」が中心。単語を覚えるのは一朝一夕にいくものではない。記憶の定着を図るには、時間より回数が肝心。ポケットマネーでA6の小さいノートを買ってきて、生徒一人ひとりに渡し、それにまとめさせることにした。一ページに書く単語は4つくらい。それを毎日毎日繰り返し見るように指示している。

当たり前のことを段取りよくコツコツやらせることしか手はないのだ。頑張ろう。







5文型(遅ればせながら)

私も猫ギター先生同様、「文型」を軽視される先生が少なくないということを聞いて少々驚いている。

「文型なんて重要じゃないよ」と仰る先生の頭の中には、ご自身の頭の中には「5文型の回路」ができていて、莫大な反復の後にその回路が無意識領域に入ってしまい、自分が英文を読むときに「5文型」は必要ないと錯覚されてるだけではないのか、などと思ってみたりする。ちゃんと教えてあげた方が圧倒的に理解が早くなると思うのだが。

ただ、「文型が分からないと英語は読めないし、書けないぞ」というのは言いすぎで、「文型を一回しっかり理解しておくと、英語の学力は圧倒的に伸ばしやすい。よって君達に叩き込んでおく」くらいであるべきだろうと思っている。確かに「5文型」に当てはまらない文などもあり、いつまでもそこに固執するのもよくない。そこのあたりの説明不足が誤解を生み、そこで苦労した教わる側の「怨念」が極端な「5文型無用論」に行き着いているのではあるまいか(笑)

さて、「5文型」は大切だと思っている私であるが、「5文型」を指導する前段階として生徒側が理解していなければならないことがあると考えている。それを分からずに「5文型」の指導を受けてもかなりハードルが高くなってしまう。

「主語」「動詞」「節」「形容詞」「副詞」「修飾、被修飾の関係」、これらのことがわかっていないと、高校で「文型」を短い授業の間で説明されても理解は難しいだろう。「形容詞とは何か」「副詞とは何か」「この句(語、節)はどの語、句、節を修飾しているか」こういうことがみっちりと指導されることなしに「文型」に行ってはいけないというのが持論である。だから中学生には「文型」を熱心に教えることはあまりしないが、「主語」「動詞」「節」「形容詞」「副詞」「修飾、被修飾の関係」の把握に関してはみっちりとやる。

あとは中3の後半からは「ネクサス関係」にも言及していく。中学生の読む文にはそうそう難しいものは出てこないが、高校入試問題にもさりげなく出題されている。その問題がなぜ頻出であるのかをしっかりと伝えておきたい。

高校受験でよい点数を取らせるのは私達の使命だが、高校の授業でで落ちこぼれることのないようにできるだけのことはやっておきたい。そんなふうに考えている。